【高橋 優×浅田信一】レコーディン
グが楽しくてしょうがなかった(高橋
) こういうものが世の中にズバッと
届いてほしい(浅田)

満を持して完成した、初の全国流通盤となるミニアルバム『僕らの平成のロックンロール』。サウンドプロデューサーである浅田信一氏にも参加してもらい、作品の制作秘話にも触れつつ、高橋優というアーティスト像に迫った!
取材:石田博嗣

おふたりの出会いというのは?

高橋
紹介でした。お見合いみたいな感じで、“ご趣味は?”って感じの話から始まりました(笑)。

浅田さんは高橋くんの音は聴いていたのですか?

浅田
もちろん。サウンドプロデュースをお願いされる前にデモテープを聴かせてもらったんだけど、ぶっ飛んだ感じがあったんで、縁があれば一緒に作品作りをしたいと思ってました。「こどものうた」のデモを聴いた時に…最初だから何を歌っているのかっていう先入観もないし、何も前情報がない中で聴いたので、いきなり“チラリとのぞくパンツの色が?”で始まるから驚かされましたよ(笑)。だから、どんなヤツが歌ってるんだって思ったし…でも、そういうふうに思うっていうことは、引っかかるものがあったってことですよね。それに、そんな上辺のインパクトとは別に歌唱力とか声質には本物を感じたから、“もっと、この人のことを知りたい”って思ったかな。

そんな高橋くんをどうプロデュースしようと?

浅田
“何が僕にできるんだろうか?”ってところから始まって、高橋くんに何が合っているのかを見つけるまでに時間がかかりましたね。彼の弾き語りのデモに僕が肉付けをして、“こういうのはどう?”って提示して、“ちょっと自分のイメージと違います”って言われたら“じゃあ、これは?”って。そういうやり取りが3回ぐらいあったのかな。
高橋
自分の曲がバンドアレンジになるっていうのが初体験だったんで、自分が納得できるかってことだけを意識して…僕は専門用語を何も知らないから、“もっとこうしてくれ”とか“こうじゃないんだ”とか文句ばかり言ってた気がします(笑)。もちろん上がってきたものはカッコ良いんですけど、“このカッコ良さとは違うカッコ良さがある”って思ってずっと模索してました。

そんな中で、ミニアルバム『僕らの平成ロックンロール』が完成しましたが、どんな作品に仕上がりましたか?

浅田
このミニアルバムを作るに於いて、デモの曲をたくさん聴かせてもらったんですけど、収録されている7曲というのは、何年も歌い続けている曲もあれば、レコーディング直前に書いた曲もあるから、集大成っていうよりも、今の高橋 優を真空パックした…今回の作品から漏れた曲の中にも、すごくいい曲がたくさんあるんですよ。それよりも“今の気分だと、この曲だよな”っていうことを優先しましたね。
高橋
曲を作る時に僕は、街で流れていたら絶対に聴きたくなる、買いたくなる曲を作りたいと思っていて…じゃないと人に聴かせたくもないし。で、今回のミニアルバムに関しては、別の僕のがいたら、きっと“おっ、いいじゃん!”って言うものになったと思うので、本当に胸を張って“聴いてください”って言えますね。
浅田
ここまで突き抜けた作品はなかなかないし…こういうものが世の中にズバッと届いてほしいですね。

レコーディングはどうでした?

高橋
楽しかったです。自分の頭の中で鳴っていた音が、浅田さんの手によって具現化されて、レコーディングスタジオにいるみんなと共有できる音になっていく様を見ることができて…しかも、自分も口出しできるという。今までに味わったことのない遊び場…“遊び場”って言ってしまうと失礼かもしれないけど、最高に楽しかったです。

プレイヤーもスタジオミュージシャンではなく、バンドマンを起用してますよね。

浅田
そうなんですよ。だから、僕は何もしてません。ロックの質感をよく分かっているミュージシャンを集めて、“はい、どーぞ”ってスタジオで音を出しただけで、それでもうOKだったし…歌も全部仮歌ですからね。リズムを録る時に一緒に歌ったものなんですよ。

最後に歌入れしたのではなく?

浅田
一回ね、やってみたんだけど、良くなかったんですよ。もともと彼は歌が上手いから、考えると良くないんですよ。“こういうふうにやってやろう”っていう技巧的になってしまうんで。
高橋
凹みましたけどね。歌録りの日を設けてもらって歌ったのに全然ダメで、“仮歌の時のテイクでいいじゃん”って言われたのは。でも、仮歌を入れてる時ってすごく楽しかったし…レコーディングに入る前にしっかりと土台を作ってたから何の迷いもなくて、みんなと“せーの”でやるのが楽しくてしょうがなかったですからね。

初めての作品を完成させたことで、気持ち的な変化もあります?

高橋
気合いは入りますね。でも、逆に“世間に自分の歌がどういうふうに届くのかな?”とか考えてしまうと、さっきの歌録りの話と一緒で、あんまり良くないんですよ。自分で言うのも変なんですけど、丸くなりたくはないし、逆に尖ってるだけの…それこそ「こどものうた」みたいな曲ばかりを作りたいとも思ってないし、“その時の自分”を大切にしたいと思ってるんですね。だから、ライヴは気合いを入れて楽しくやっていきたいし、音源をまた出せるなら楽しく録りたいけど、それ以上に自分の私生活を大事にしたいですね。堕落する時は堕落して、頑張る時は頑張るって。変に気負わないようにしたいと思ってます。
浅田
十分、気負ってるけどね(笑)。彼はとにかく真面目なんですよ。堕落する時も一生懸命に堕落して、自分の作品につなげようとしてる。でも、もっと楽でいいんじゃないかなって思いますね。ライヴもいっぱいやりつつ、“早く売れたい!”みたいな(笑)。
高橋
それはありますよ(笑)。それが大前提にあって、この業界に入ってるんで。自分の表現だけをしたいなら、ずっとストリートでやってればいいわけだし。だから、「こどものうた」もそうだし、これからできる歌っていうのは僕の本音だし、綺麗事は抜きにしたものなんだけど、なのに“早く売れたい!”って言っちゃったら嫌われそうなんで(笑)。
浅田
大丈夫だよ。言っちゃえよ(笑)。
高橋
…頑張ります!
僕らの平成ロックンロール
    • 僕らの平成ロックンロール
    • GTCG-0615
    • 1800円
浅田信一 プロフィール

アサダシンイチ:1969年、静岡県浜松市生まれ。95年、SMILEのヴォーカリストとしてデビュー。 SMILE解散以降はソロとして自身のアーティスト活動や他アーティストへの楽曲提供、プロデュースワークなど精力的に活躍中。浅田信一 オフィシャルHP

高橋優 プロフィール

タカハシユウ:1983年12月26日生まれ。札幌の大学への進学と同時に路上で弾き語りを始め、08年に活動の拠点を東京に移し、10年7月21日、シングル「素晴らしき日常」でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。13年11月には日本武道館での単独公演を成功させた。デビュー5周年迎える15年7月にはベストアルバムをリリースし、同月25日には秋田県の秋田市エリアなかいちにてフリーイベントを開催。高橋 優 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着