取材:ジャガー

1曲1曲すごいコンセプトが強い

前作から早い間隔でのリリースということで、前々から本作の構想はあったのですか?

RYOTA
一番古いのだと、「Ride On feat.シュビドゥバ」が3年ぐらい前からあって。「お前のままに」で2年ぐらい前かな? 結構温めていた曲が多いんですよ。1曲1曲すごいコンセプトが強いので、そんなコンセプトが突出した曲はアルバムに混ぜにくくて、期を見失ってたんです。今回は、逆にそういう曲ばかりを集めたアルバムですね。

ここまで曲ごとに違いがあると、普通はケンカしてしまうのではないかと思うのですが。

RYOTA
結局はどれも0 SOUL 7っていう人格なんだろうなって。人間って短気な面も優しい面もあったり、いろんな性格を持ってるじゃないですか。このアルバムも0 SOUL 7っていう人格の中にあったものを出しただけなので、ぶつかることもない。より0 SOUL 7の人格を知ってもらえる一枚になったんじゃないかな。

そういう意味では、また間口が広がった作品でもありますね。しかも、曲ごとの場面を想像しやすかったです。

RYOTA
もちろん想像してもらえるように気を付けてるんですけど、アレンジ、トラックを手がけているプロデューサーがインディーズの頃からずっと同じ人で、だんだん同じビジョンに寄り添ってきたというか。やりとりを重ねることで、絵を広げやすくなりましたね。
Sun-High
個人的にかもしれないですけど、レコーディングは結構苦戦もありました。レコーディングまでの整え方っていうのがあるんですけど、今回はそれが通用しなくて。持って行き方がいつもと違う中で精いっぱいやった、その必死さがいい結果を生んでくれたんですけどね。

必死過ぎて「skit L→R」は、かなり遊んだ感じですか?

Sun-High
あれはほとんど素ですからね(笑)。

お菓子や缶ビールで散らかっている部屋で、男3人集まって必死にゲームしている絵もちゃんと想像できました(笑)。

TSUNE
想像してもらえたら成功ですね(笑)。
RYOTA
全体の流れで聴いた時に、ここでひと笑いが起こるから、次の「Home」が受け入れやすくなっていて。おいしいところだなって思います。

「ウェディング」は、DJ TSUNEさんへのサプライズソングということで。

TSUNE
子憎たらしいですよ、粋な計らいで。僕、去年結婚をしまして。ちょうどその時ぐらいから、お祝いの曲として内緒で作ってくれてたんです。このアルバムのミックスの作業日に、“今日打ち上げあるから、嫁も子供も連れてきなよ”って感じでスタジオに呼んでもらってたんですよ。で、いざチェックが始まると「ウェディング」が流れて。結婚式も挙げれてなかったし、こうやってメンバーやスタッフのみんなに祝福してもらえるなんて考えてもなかったので、感動しましたね。
RYOTA
“別の音楽活動で必要だから協力して”って嘘を付いて録ったTSUNEくんの子供の声が曲の最後に入ってるんですけど、TSUNEくんと俺のふたりであやしてもいい声は拾えなかったんですね。やっぱり奥さんとTSUNEくんの3人で遊んでる時が本当にいい声を出していて。なんかそういう温もりというか、改めて家族ってすごいなって思ったし、自分たちもそういう温もりを自然と感じる楽曲を作れたらなって気にもなりましたね。

“お前らしく”“お前と呼べる絆の深さ”というふたつの意味合いを持った「お前のままに」は、そういう温もりのある曲だなと思いました。

RYOTA
これは本当に温めてきた曲なんですけど、もともと仮タイトルは“July”だったんです。この曲のイメージが夏なんですよね。青い空、白い太陽、風が心地良く吹いて…外にみんながいるイメージ。その中で“お前”って言葉が、強く響く言葉で。ザクッて切り傷を付けるような痛みもあるんだけど、すごい俺らの中で大事にしてるメッセージでもあって。大人になって嫌な思いばっかして、いろんなことが淀んでるんだけど、お前と俺との関係は変わらないっていう。トラックもさわやかでね、本当にいい曲ですよ(笑)。

イントロから開けた印象を受けた「My Fault」は、0 SOUL 7の4打ちっていうのがすごく新鮮でした。

RYOTA
そうですね、あんまりやったことがなかったので挑戦してみようと。「My Fault」は、一番苦しんで作った曲でもあるんです。音楽に救いを求める人を歌ってるんですけど、あまり触れない部分というか。そこまでの重いテーマを歌っている人は少ないと思うんですね。実際、俺も自暴自棄になった時に音楽に助けられたりもしたので、今までどんな励ましも届かなかった人が、ちょっとだけ上向きになってくれたらうれしいなという一心で作りました。セルフプロデュースっていうのもあったんで、サウンドも実験的に作りましたし。想いが大きい分、聴くと重いんですけど、人に届いた瞬間にすごくいいものになるんだろうなって手応えもありますね。それだけ期待も大きい曲です。

これだけ個性派の揃う中で、リードトラック「Get Along」は0 SOUL 7らしい応援歌に仕上がってますね。

RYOTA
どれもがリードトラックになり得る曲を作っているので、本当にどれがなっても良かったんですけど、この曲は周りからの反応も良かったので決まりましたね。ちなみに、「Get Along」は2周目の奇跡が起きる曲なんですよ。何気なく1周して聴いてもらって、もう一度「Get Along」を聴くと、聴こえ方が違うんですよ。それを繰り返せば繰り返すほど、聴こえ方が良くなってくるという。そういう不思議な力を持ってる曲なんで、何回でも聴いてほしいというか。1回聴くだけだとチャラっぽく聴こえるかもしれないけど、聴くほどに奥深くて切ない曲になっています。
0 SOUL 7 プロフィール

ゼロソウルセブン:昔、学者が死ぬ寸前の人間を秤の上に乗せ死んだ瞬間7g軽くなったというところから、霊魂=0 SOULの重さ7gを意味する0 SOUL 7は、自分達の魂の重さで量られた喜怒哀楽の感情を嘘偽りなくリアルに音で表現していきたいという想いから命名。2006年にミニアルバム『zero soul seven』でインディーズデビュー、精力的にライヴを行ないメディアなどでも活躍の場を広げ、08年シングル「東京元年」でメジャーデビューを果たした。0 SOUL 7 オフィシャルサイト
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着