取材:土内 昇

宇宙戦隊NOIZがパワーアップしている最

今作ですが、インディーズベストのリリース、メンバーチェンジもあり、やはり心機一転という気持ちはあります?

ANGEL-TAKA
タイトルは心機一転って感じなんですけど、“やりたいことをやる!”っていうスタイルは変わってないですね。もちろん、サウンド面は誰が変わっても全然違うものになるから、今までの宇宙戦隊NOIZにないものが出てますけど。
YAMATO
ドラムって変わるとすぐに分かるんですけど、特に気負うこともなく、“こんなことできます”って自分ができることを好き勝手にやってますね。
呼太郎
俺も自分の得意な部分をNOIZに持ち込んだって感じですね。自分が出せるものを全て出して、NOIZがより良くなればいいかなって。

メジャー第一弾シングルというのは意識しました?

MASATO
これをシングルに選んだのは僕らじゃないんですよ。でも、どの曲がシングルになってもいいように作ってる…っていうか、“シングル曲”っていうものがどんなものか分かってない。だから、何曲か聴いてもらって、これがいいって言われたんだったら、それがいいんだろうなって。でも、正直な話、候補曲の中にポップなものがなかったんですよ。ひと癖もふた癖もあるような曲ばかりだったから、一番ポップなものを選んだのかなって感じでしたね(笑)。

候補曲の中にポップなものを入れなかったのは意図的に?

MASATO
それはありましたね。メジャーに行った途端にダサくなるバンドって多いじゃないですか。
日和った感じになるっては嫌だったんで。

ツインヴォーカルでラップが入った、ライヴで激しく盛り上がるような曲なのですが、そもそもどんな曲を作ろうと?

MASATO
曲を作る時は何も考えてないんですよね。ライヴがイメージできない曲はやらない…ぐらいですね。歌と歌詞以外はほぼ完璧な状態まで作っておいて、“さぁ、みんなでぶち壊してください”って感じで。そこが一番面白いわけだし、ぶち壊してくれるメンバーとじゃないとやれないですね。だから、僕は音楽をやりたんじゃなくて、NOIZをやりたいんだと思います。

では、他のメンバーはどうぶち壊そうと?

ライヴが想像できる曲なんで、自分がもっとワクワクできるように変えていきましたね。
YAMATO
手探り感はありましたけど、僕もいい感じに壊せたかな。ディレクターとマー坊(MASATOの愛称)も一緒になって“このフレーズはこうした方がいい”っていうような意見をいろいろ言ってくれたんで、それも面白かったですね。
MASATO
最後にギターソロも増やしたしね(笑)。呼太郎が“ソロを考えてきたんですけど”って言ってきて、アレンジはできてたんですけど、“マジ? じゃあ、増やすか”って。
呼太郎
曲を聴いたインスピレーションで“こういうのを入れたらいいんじゃないかな?”って思ったんで、ダメならダメでいいし、とりあえず提示したんですけどね。

このメンバーでの初めての作品ということで、収穫も多かったようですね。

ANGEL-TAKA
そうですね。ふたりは今までのNOIZにないものを持っている…それがないと一緒にやろうとは思わないですからね。僕らも先輩としてではなくて、同等の目線でやってるし、まさに今は宇宙戦隊NOIZがパワーアップしている最中です。
宇宙戦隊NOIZ プロフィール

地球の平和を守るため遥か遠い宇宙からやってきたANGEL-TAKA(Angel Voice)、MASATO(Hyper Sonic Guitar)、叫(Super Vibrator)、呼太郎(Neo Eccentric Guiar)、YAMATO(Machinegun Beat Grappler)という5人の戦士達から成るヴィジュアル系バンド。ミクスチャー/デジロック/パンク/ハウスなどを取り入れたサウンド、ユニークなコスチュームとステージングの世界観などで、欧米の公演も大成功させた宇宙最強のライヴ・バンド。ライヴを『パトロール』、ツアーを『平和維持活動』と称し、愛と笑いで地球を感動の渦に巻き込んでいる。

98年結成、99年に元ローディーのMASATOが加入し、現メンバーとなる。02年にはバンドのコンセプトが宇宙戦隊となり、年間130本を越えるライヴを開催。05年5月にはバンド初のワンマン・ツアーを廻り、同年8月に愛・地球博内で行なわれた『世界コスプレサミット2005』に日本代表の審査員として出場。07年2月には、オフィシャル・ファン・クラブ『ミラクルロケット』が発足。

そして09年3月、インディーズ・デビュー時代の軌跡を辿る5枚のアルバムから選りすぐられたベスト・アルバム『GREAT ROCK'N'ROLL HEROES』をリリース。<デリシャス・デリ・レコーズ>から同年5月に発売された1stシングル「BRAND NEW WORLD」で、メジャー活動を本格的にスタート。宇宙戦隊NOIZ オフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着