テレビ番組で紹介され、多くの人の感動を呼んだ「笑って笑って」。この曲をシングルリリースすることは、彼女自身にとっても大きな意味があるという。
取材:石田博嗣

テレビ番組『誰も知らない泣ける歌』などで大反響を呼んだ、「笑って笑って」がついにシングルでリリースされますね。

今って不況とかで大変じゃないですか。この曲で少しでも元気になってもらいたいというか…今までって“奥 華子を知ってほしい”とか“奥 華子ってこんな歌を歌ってます”みたいなことを意識して歌ってきてたんですけど、この曲に関しては“もっと、『笑って笑って』を知ってもらいたい”と思ってるんですよ。

そう思えたのはなぜですか?

自分が歌ってることに対して、今までって世の中とあまり接点を見つけてなかったんですけど、最近…もうデビューして4年ぐらい経つんですけど、“何のために歌っているんだろう?”とか“自分の存在って何だろう?”って思った時に、私の歌で誰かが笑顔になってくれたり、元気になってくれたりすることで…それが私の役目とするならば、自分はどんな歌を届けることができるのかって考えた時に、それは『笑って笑って』かもしれないと思ったんですよ。長崎の五島列島に住んでいる人が、そこで廃校になる小学校の廃校記念で作ったDVDの中で『笑って笑って』を流してくださったんですけど、それを観てすごく感動して、その島に行ってきたんですね。そこで出会った人たちから受けた衝撃が、今考えると大きかったのかな。その廃校になってしまう小学校の8人の生徒が、閉校式の前に先生方に感謝の気持ちを込めて、先生方にはサプライズで校庭でよさこいを踊ったんですね。その踊りには、うまく踊ろうとか、カッコ付けようとか、そういう気持ちがないんですよ。ただ感謝の気持ちを伝えたいがために、その手段として踊ってるんです。それにすっごい感動して。で、歌もそうだよなって。うまく歌おうとか、そういうことじゃないんだって教えてもらったというか。

では、この曲をリアレンジする際に意識したことは?

もう1回出すっていうのは勇気がいることで、昔のものを超えるのは当然というか…でも、それを比べることができないんですよ。インディーズのものにはその時にしか出せないものが詰まっているので、今の自分が歌えるものにしようと思って、ありとあらゆることを全部試しました。弾き語りでも録ったし、グランドピアノでも録ったし…ほんとにちょっとしたことで全然雰囲気が変わるので、テンポを決めるだけで2カ月かかりました。今回はアレンジも自分でやったんですけど、試行錯誤が今までのどの曲よりもすごかったです。

歌なのですが、一歩引いて歌っている印象を受けたのですが、逆にそれによって曲に入り込みやすかったです。

そこはいつも意識しているところなんですよ。感情を入れすぎない…っていうか、基本的に私はそういう歌い方なんですね。でも、歌のテイクも何回も録り直して、より“誰かの歌になる”ということを意識しました。それはアレンジも同じで、アレンジをやりすぎない…隙間を埋めすぎないようにって。音を埋め込みすぎると心が入っていく隙がなくなってしまうじゃないですか。歌に関しても、アレンジに関しても、その隙間をどれだけ作れるかが難しかったですね。年明けからずっとやってましたからね(笑)。それぐらい私自身の思い入れも強いし、絶対にファンの人に喜んでもらえるものにしたかったから、まったく妥協をしなかったです。

「笑って笑って」をシングルとして出すことで、自分自身も変わったようですね。

歌を歌う意味が再確認できた感じはありますね。新たな自分が始まるような感じがします。
「笑って笑って」
    • 「笑って笑って」
    • PCCA-02913
    • 2009.06.03
    • 1200円
奥華子 プロフィール

オクハナコ:シンガーソングライター。キーボード弾き語りによる路上ライブをはじめ1年間で2万枚のCDを手売りし驚異的な集客力が話題となり2005年メジャーデビュー。劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」で注目を集める。聴く人の心にまっすぐ届く唯一無二の歌声は年齢問わず幅広く支持されている。また数々のCMソングや楽曲提供を手掛けるなど活躍の場を広げている。奥華子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着