取材:宮本英夫

今を突き進むことが何よりも素晴らしい

キーボードを駆使したロックサウンドというのが、school food punishmentの大きな特徴だと思うのですが。

蓮尾
キーボードには役割が2種類あって、音の広がりを作ることと、リード楽器としての役割とがあるんです。テクノでもフュージョンでもなく、ロックバンドのキーボーディストとして前衛的で面白いことをやっていたい…というのが念頭にありますね。
内村
普通のバンドのリードギターの役割が蓮尾くんなので。ギターとキーボードでは温度感が違うし、暑苦しいことをやってもキーボードだとそう感じないとか。蓮尾くんのセンスとバンドの音が、いいバランスを保っていると思ってます。

メンバー同士の音楽的センスは似ているんですか?

内村
かなりバラバラです。
比田井
共通点のほうが少ない。
内村
唯一の共通点は“ポップスが好き”“キャッチーなものが好き”というところですね。
蓮尾
あと、“カッコ良い”と思うところの共通点は、同じだったりするのかもしれない。

インディーズ初期の頃と比べると、四つ打ちやエレクトロ、ダンスミュージックの要素が増えてきてますよね。

内村
それはマイブームです(笑)。昔はそういう曲が少なくて、なんとなく物憂げな、暗めの曲が多かったので、“四つ打ちのダンスっぽい曲がもっとあったらライヴも楽しいよね”とか、そういう感じですね。そういう音楽が好きだからというよりは、ライヴでやりたくて作ったという感じです。
比田井
最近はどんどんシンプルになってきている気がしますね。自分が目立つというよりは、“どうやったらみんなが喜ぶかな?”という意識でやってます。

1stシングル「futuristic imagination」はどんなふうにできた曲ですか。

内村
セッションからできた曲ですけど、音の中に強い決意のようなものを感じたんです。それもただ強いだけじゃなくて、“弱いから強くなりたい”“不安だから強くありたい”という相反する気持ちを感じて、その場でバーッと歌詞を書きました。サビの最後で“未来の根を切っても構わない”と言ってるんですけど、そこが自分の中でキーになってます。未来に向かいたいのにその根を切ることは矛盾しているけれど、“それでも構わない”と言えるほど、今をちゃんと突き進んでいることが何よりも素晴らしいと思ったので。そういう気持ちを込めて書きました。

どんな人に聴いてほしいですか。

内村
私たちの音楽はジャンルレスだと思っているので、聴く人もジャンルレスに何でも聴いてほしいと思ってます。それと、私は普段から頭の中でいろいろ考えてて、その量が膨大だったりするんですけど、同じように想像を巡らせるのが好きな人…例えば小説が好きだったり、絵画が好きだったり、芸術が好きで想像するのが好きな人にはきっと楽しめる音楽だと思います。

近未来の夢や目標を教えてください。

蓮尾
大型フェスに出たいです。“夏フェスが似合う曲を作ろう”とか、イメージはしてるんですよ。何も決まってないのに(笑)。
比田井
バンドとして何かを確立したいです。人がやっていないことをやるというよりは、誰もができそうなことをやっているけど、“school food punishmentだよね”と言われるような、多くの人に分かりやすく浸透していくような形を確立できたらいいと思っています。
school food punishment プロフィール

内村友美(Vocal & Guitar)、蓮尾理之(Keyboards)、山崎英明(Bass)、比田井修
(Drums)からなる4人組ロックバンド。
2004年10月結成。新宿を中心としたライヴハウスを中心に活動をスタート。
2008年12月、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース。タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約1週間で完売となる。
2009年1月14日、『Riff-rain』を全国リリースし、3度目の全国ツアーを行う。同年3月、「JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album」に「Brand New Wave Upper Ground」のカヴァーで参加。
そして5月、1stシングル「futuristic imagination」をリリース。school food punishmentオフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着