取材:ジャガー

意外と録ってみるとゾロって感じ

2009年をスタートさせるに相応しい、パワーに満ちあふれたシングルが完成。華やかに春めいた印象を受ける「PINK」に始まり、2曲目「warp」では一転してへヴィネスな世界観を演出。そしてボーナストラックには、ライヴでも馴染み深い「ハラ■■ show time」を収録した攻めの一枚について、龍寺(Vo)がこう切り出した。

「たつひが作る曲にすごい多様されてるデジタルと、ファンクっぽさを組み合わせることをコンセプトにしていて。結果的には、デジタルな部分が前面に出てるんですけど…楽曲はどれもコンセプトに合ってますし、合わせてみたらこうなったという」(龍寺)
「個人的には聴きやすさとポップさを大切に作っているので、イントロにもすごいこだわってみたんですよ。『PINK』に関しては、最初はそんな感じではなかったんですけど、レコーディングでギターを入れた瞬間に春の印象になったんです」(たつひ)
「あまり季節に合わせた曲作りだったり、演奏だったりが苦手で。本当に好き勝手に弾いてたら、デモと印象が変わっちゃって。いいのかなって思ってたら絶賛してくれたんで、良かったです(笑)」(タイゾ)

そんな「PINK」は曲のキャッチーさに加え、シンプルにまとめられた歌詞がさらなるゾロの進化を予感させる決意表明のようで、力強く感じた。

「季節感に合わせて歌詞を書くっていうのがあまりしたことがなくて、何度か書き直しましたね。でも、書いてみたら意外と内容も分かりやすくていいのかなって。ストレートに表現するのもいいかなって思いました。すごくメッセージ性は強い曲です」(龍寺)

後に続く楽曲がハードなだけに、上手く釣り合いがとれたのではないだろうか?

「作曲者の好きな音楽がバラバラで、作るジャンルも雰囲気もまったく違うから、できあがるまでは不安もあったりするんですけど…意外と録ってみるとゾロって感じなんですよね。今回『ハラ■■ show time』を入れたのも、全体のバランスを取るためで。この曲は、ずっとライヴでやっているから、あまり細かくアレンジは変えてないですね。ライヴでやっているのとは違うなって思われたくなかったので。そのおかげで、ライヴ感を最大限に出すことができました」(タイゾ)
「好きに曲を書くって言っても、ゾロの曲を書いているので、自然と意識しますよね。演奏してるのも歌うのもゾロだし、相当なことをやらない限りはかけ離れない感じはします(笑)。3月30日は渋谷CLUB QUATTROでワンマンをやるんですけど、楽曲制作同様やることを納得いくまでやって挑みたいですね」(裕哉)
ゾロ プロフィール

ゾロ:2007年1月に龍寺を中心にたつひとタイゾの3人で結成、同年6月に裕哉が加入。UK、ファンク、トランス等さまざまなジャンルを自分たちの中に取り入れ、新たなサウンドを生み出している。7月23日(金)の名古屋SPIRALを皮切りにクラブツアー『ZORO TOUR 2010 club “MAD HOUSE”』を開催する。ゾロ オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着