取材:石田博嗣

自分の恋愛と歌詞をダブらせてくれたら
最高!

「Wonder feat. May J.」は1stアルバムからの次の1歩でもあるわけですが、どんな作品にしたいと思ってましたか?

Clench
今回はフルアルバムからの1発目ですから、エピソード2なわけで。もっと分かりやすく、みんなの近くで音を奏でてたいって思いは、前回以上に強いかもしれませんね。
Mr.Blistah
でも、根底にあるものは変わらないですね。聴いた人の心に何かを植え付けたい。今回であれば、“うん。分かる、分かる!!”みたいな頷きだったり、自分の恋愛と歌詞をダブらせてくれたら、もう最高ですよね!

松尾“KC”潔さんのプロデュースということですが、最初に原曲を聴いた時の印象は?

Mr.Blistah
アダルティックで、どことなく淋しい女性像みたいなものが見えましたね。俺たちにしてみたら歳相応な楽曲で、いい意味で俺たちの良い部分を引き出せるんじゃないかなぁって思ってましたねぇ。

松尾さんとはどんなことを話し合って、歌詞を作っていったのですか? いつまでも失恋から立ち直れない、男の情けない部分が包み隠さずに書かれていますが。

Clench
屈強な男でも恋は戸惑ってしまう…というか、そんな男の不器用でどうしようもないような様を、逆にそれがクレブリの色気みたいに魅せられるように書いてきましたね。
Mr.Blistah
この歌詞を書く時にいろいろ話したんですね、男女の恋愛感を。もちろん女性スタッフも入れて。やっぱそこで見えてきた相違は…これ、May J.が言ってたんだけど、パソコンに例えるなら、女性は次の恋が始まると前の恋愛(データ)にどんどん上書きしていく。だから、今の恋愛しか見えなくなると。そして、俺たち男は、前の恋愛は恋愛で思い出深く置いといて、恋愛した分だけフォルダを作っていくと…。

確かに(笑)。松尾さんと一緒にやって、どんなものが得られました?Clench:"人にメッセージを届けるということは…"ってことを本当にたくさん教わりましたね。あとは音楽に対しての考え方など、いろいろなことを教わりました。

Mr.Blistah
人の心に訴えかけるということは、自分の心に何度も何度も問いかけて、いろんな角度から、また何度も何度も問いかけるんだなと。自分も物を書いたり、写真を撮ったりするのは好きなんで、今回、近くでその過程を勉強させてもらってうれしかったですね。そして、今まで自分がやってきたことが確信に変わりました。リスペクトです!

では、May J.さんとやってみてはどうでしたか?

Mr.Blistah
最高!! 歌手してのポテンシャルも高くて、プライドもある。器用だし、綺麗だし、かわいいし、お茶目だし。俺、親戚のおじさんにそっくりらしいし(笑)。
Clench
"May J."というアーティストが今まで以上に好きになりましたよ、マジで。むちゃくちゃ優しいんですよ! 僕、B型なのに(笑)。個人的なとこで、メイちゃん(May J.)が歌っている“私の方が心を決めて楽にさせてあげるから~”ってところはグッときてしまいます。

そんな「Wonder feat. May J.」の聴きどころは?

Mr.Blistah
近すぎて見えない…そんな後悔の念を誰もが持ったことあると思うので、自分の恋愛と照らし合わせながら聴いてくれたらうれしいですね。特に、今、好きな人とうまくいってない人は! だから聴きどころは、ずばり全部! 全部聴かないと、物語が完結しません! そして、結末はあなたが決める。やっぱ、別れる。だけど、戻る。
クレンチ&ブリスタ プロフィール

クレンチ&ブリスタ:2001年に結成したヒップホップユニット。クラブシーンで活躍後、インディーズを経て07年ミニアルバム『THE FIRST ATTACK』でメジャーデビュー。洗練されたサウンドと切れの良いラップで、恋愛ソングからメッセージソングまで、幅広く歌い注目を集める。独自性の高いスタイルから、さまざまなアーティストからフィーチャリングのオファーも絶えない。クレンチ&ブリスタ Official Website
クレンチ&ブリスタ オフィシャルサイト
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着