取材:高橋美穂

死ぬまでにやらなきゃいけないと思って

まず、カバーアルバムを作った経緯から教えてください。

前に『工場町』ってシングルのカップリングで、アニメの『トムソーヤの冒険』の主題歌『誰よりも遠くへ』をカバーしたんですけど、その評価が高くて、スタッフに“カバーアルバムとかどう?”って言われたんですね。最初はカバーかぁ…って思ったんですよ。だけど、俺が小さい時からずっと好きだった外国の民謡とかに、自分の日本語の歌詞を乗せてみたかったんですよね。いろんな人が歌ってきて、言い伝えのようにつながってきたメロディーに、今の歌詞を付けるのは、フォークソングの原点な気がして。カバーなら、今の俺はこの方法しかやる気がしなかったし、死ぬまでにやらなきゃいけないライフワークのひとつだと思ってたんで、こういう形になりました。鼻歌で歌えるような曲ばかりだけど、日本語が乗ることで、俺の歌詞が心に残って、それを口ずさんでもらえたらうれしいなって。

歌詞を訳す上で、気を配ったところってありますか?

原詞の英語って短いフレーズに情報がすごく入ってるから、日本語に訳した時に、言葉が足りなくなるんですよ。だから、曲の中心にあるところを置いて、あとはそれが伝わるように言葉を並べていく作業が根本でしたね。また、愛されてる曲が多いんで、もしかしたら俺の歌を聴いた時にチッと思う人もいるかもしれないけど、俺もその曲を好きなひとりですから、歌の中心を傷付けたくないっていう思いが一番ありましたね。

サウンド的には、新しい挑戦も多く見られますね。

はい。バッキングなんですけど、俺がエレキギターを弾いたのは、今回の『ムーンリバー』が初めてで。あと、『煙が目にしみる』は俺が初めてひとりでやってるんですよ。スタジオが空いてる日にちょっとやってみたら、いいねってなって(笑)

そんな楽曲群を“ゆめのうた”と名付けた理由は?

まず、無意識なんですけど、歌詞の中に“夢”って言葉がたくさん入ってるんですよね。そうやって考えると、この9曲は俺にとって、寝てる時に見る夢のようでもあるし、いつかこういう曲を世の中に残していきたいっていう夢でもあるし。それでスタッフから“じゃあ、これは『ゆめのうた』だね”って言われて、そうだねって話してるうちに決まりました(笑)

今回いろいろカバーしてみて、どんなことを学びました?

tobaccojuiceは結成された時から、コピーじゃなくオリジナル曲をやってたんですよ。カバーも時々やったけど、1曲2曲だけだったんで、今回は苦労しましたね(苦笑)。最初、やり方が分からなかったんですけど、諦めずにさまざまなアレンジをしていって。そうやってみて、世の中にずっと残ってきて、これからも残ってく曲の芯と向き合えた気がしたんです。だから、新しいこともやっていくんですけど、これから作っていく曲を少しでも、今回触れた名曲たちの本質に近づけていきたいなって。音楽を作る時のスタンスが明確になってきた気がしますね。

改めて、スタンダードナンバーの秘訣って何だと思います?

それが分かったらすごいですけど(笑)、何だろうなぁ…当たり前ですけど、いいメロディーですかね。この中の曲も何回も歌詞を変えられてて…言葉って時代とともに変わっていくじゃないですか。でも、メロディーは変わってないんですよね。だから、メロディーって人の根本的なところから来てるかもしれないなって思って。tobaccojuiceは歌詞やリズムが先行なところもあったんですけど、音楽をやる者として、もっとメロディーを大切にした方がいいのかなってところに行き着いたんですよね。
tobaccojuice プロフィール

タバコジュース:1999年結成。ロック、ブルース、レゲエなどをルーツに持つ彼らの音楽は自由奔放であり、それを彩るヴォーカル松本の歌詞は、独特の感性と世界観でリスナーに共感を与える。tobaccojuice Website

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着