写真左上より時計回り MASA(Vo)、YUKI(Gu)、TAKUYA(Dr)、KURO(Ba)

写真左上より時計回り MASA(Vo)、YUKI(Gu)、TAKUYA(Dr)、KURO(Ba)

【Dear Loving】今回も音楽的なケミ
ストリーが起きた!

メジャーデビューシングル「Fly high」から1ケ月、早くも届いた新作「信じたい未来」は前作では見れなかった一面がうかがえるのはもちろん、バンドのさらなる可能性も感じさせてくれる。
取材:土内 昇

2ケ月連続リリースということで、デビューシングル「Fly high」に続いて、ニューシングル「信じたい未来」がリリースされましたが、この曲も最近作られたのですか?

MASA
そうですね。もともとは「Fly high」のカップリングになってる「Searchlight~闇の中にいる君へ~」を次のシングルにするつもりだったんですけど、僕らは傷みと希望を歌っているバンドだってところで、「Searchlight~闇の中にいる君へ~」は「Fly high」と一緒に出そうってことになったんですね。だから、次のシングル用にってことで、「信じたい未来」は書きました。「Fly high」とは違った突き抜けた感というか、バンドを打ち出すところと歌を打ち出すところの両方を出したいと思って。

アレンジもそういうところを意識して?

YUKI
サビの印象がすごく強いし、ポップの中にもキラキラした部分があったんで、その感じを演奏隊で出したっていうか。MASAが原曲を持って来た時、彼はすぐにソロツアーに出たんですよ。“間奏を作っておいてくれ”ってだけ言って。それも“攻めまくってくれ”と。なんで、思い切り攻めた感じでアレンジをバンドでして、帰って来たMASAに聴かせたら、第一声が“お前ら、攻めたな”と(笑)。
TAKUYA
きっと、MASAの中にあった攻めの度合いを超えてたんでしょうね。
MASA
超えてましたね。曲は僕が作ってるんですけど、バンドで演る以上はみんなの曲だし、自分が描いていたイメージをそうやって超えるってのはバンドの醍醐味だし…僕らは幼なじみなんで、お互いに“こうしたら、こうするやろな”というのが分かるんですけど、それを覆す音楽的なケミストリーが起こって、いい楽曲というのは生まれるんですよ。そこにバンドをやってる喜びがある…それはメジャーであろうが、インディーズであろうが、それこそ楽器を持ったばかりの頃であろうが関係なく、バンドが楽しいと思える瞬間ですね。そういう意味では、今回もケミストリーが起きましたよ。
YUKI
TAKUYAには彼の中にないハードロックのテイストを求めましたからね。
TAKUYA
4人が持っているものだけで作っても新しいものは生まれないですからね。4人の中にないものを探りながら作っていかないと次の壁は越えれない…って、MASAが言ってました(笑)。
YUKI
真面目なことを言って恥ずかしがるなよ(笑)。

KUROくんは? チョッパーしてますが。

KURO
今まで丁寧に作ってたところがあったんで、今回はそれを打破したというか…アグレッシブさを取り入れてみたんですけど、それがうまく形になったと思いますね。

2曲目「ベイビーアイラブユー」はハートフルな曲ですね。

MASA
ここ1年ぐらいライヴでやり続けてる曲で、ファンに人気はあったんですけど、音源になってなかったんですよ。音源にしてほしいっていう声も多かったんで、このタイミングかなって。キーボードが入ったり、打ち込みが入ったりして、色は変わりましたけど。
TAKUYA
もともとはもっとロックな感じなんですけど、ポップなものになりましたね。

途中でジャジーなテイストを見せるアレンジが印象的でした。

MASA
こういう感じのラヴソングって、そのままやってしまうと可愛くなってしまうんで、少し大人な部分があった方がいいかなと思って、そういうものを取り入れたという感じですね。

そして、ピアノとストリングスが入ったバラードの「桜」が最後を締めると。

MASA
さっき僕のソロツアーの話が出ましたが、ここ2年ぐらい、弾き語りのライヴをしてるんですよ。その時に歌っている曲で、いつかバンドでやりたいと思ってたし…前作がアッパーな曲ばかり収録してたから、今回はバラードを入れたいと思っていて、だったら「桜」かなって。

ソロとバンドでは作る曲も変わるのですか?

MASA
同じ曲とそうじゃない曲がありますね。ソロを始める前のDear Lovingは影がないぐらい明るい曲ばかりだったんですけど、ソロではネガティブなものとかいろんなものを歌ってたんで、すごく自分の中で表現方法が広がったし、それをDear Lovingに反映したら、楽曲の幅も広がったし、メンバーのアプローチも変わったんですよ。そういう意味では、ソロは勉強になったし、すごくプラスになりましたね。
TAKUYA
ソロから帰って来た時の曲って暗いものばかりでしたからね(笑)。でも、影の部分は必要というか…ずっと明るい人なんていないし、逆に影がないのは嘘っぽいじゃないですか。ポジティブの裏にはネガティブあって、だからこそポジティブって言えるわけだから、そこで“痛みと希望を歌う”というバンドコンセプトが明確になったという感じでしたね。

確かに。そんな3曲を収める今作は3曲3様で、内容の濃いシングルになりましたね。

KURO
僕の中では前作と今作の6曲でひとつみたいな、それこそミニアルバム的なイメージがあるんですね。そういう意味では、6曲それぞれが違う色を持ってるんで、Dear Lovingをしっかりと表せたかなって。もちろん、ここからもっともっとさらなるアプローチをして、可能性を広げていきたいと思ってます。
MASA
僕らって楽曲もいっぱいあって、武器もいっぱいある…まだ隠してるものがいっぱいあるんですよ。なので、“まだまだあるんで、見といてくださいよ”ってほくそ笑んでます(笑)。いろいろ試行錯誤した結果、今回も今まで知らなかった自分たちに出会えたし、バンドの可能性も広がっているんで、次のアルバムは大変なことになるんじゃないかな。楽しみにしていてください。
「信じたい未来」
    • 「信じたい未来」
    • CYCL-35018
    • 2009.03.18
    • 1260円
Dear Loving プロフィール

ディアラヴィング:当時同じ中学の同級生だった現メンバーにて結成。その後、BOØWYのコピーバンドを5年間続け(危うく本家よりBOØWY歴が長くなるところ…)、98年より大阪を中心にライヴ活動をスタートさせ、01年に独自のジャンル“ポジポック(ポジティブでポップでロック)”をバンドコンセプトに掲げる。結成16年目となる09年、ついにシングル「Fly high」でメジャー進出を果たした!Dear Loving オフィシャルサイト
MASA OFFICIAL BLOG
YUKI OFFICIAL BLOG
KURO OFFICIAL BLOG

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着