L→R IKUZONE(Ba)、ATSUSHI(Dancer)、 桜井 誠(Dr)、Kj(Vo)、DRI-V(Dancer)、Hiroki(Gu)、BOTS(DJ)

L→R IKUZONE(Ba)、ATSUSHI(Dancer)、 桜井 誠(Dr)、Kj(Vo)、DRI-V(Dancer)、Hiroki(Gu)、BOTS(DJ)

【Dragon Ash】栄光と痛みを共に分か
ち合ってきた、Dragon Ashという仲間
に捧ぐ新たな決意。

Dragon Ashの2009年第一弾シングル「運命共同体」が完成。厳かな始まりを経てゆっくりと情熱が華開く、来るべきニューアルバムへとダイレクトにつながる重要なヒントも隠された、新たな決意の歌。
取材:早川加奈子

2009年第一弾シングル「運命共同体」。運命をともにする関係性を表わす曲名でもあるだけに、Dragon Ashというバンドのことを描いた曲とも解釈できますよね。

桜井
まぁ、(“運命共同体”という言葉から)僕もメンバーのことを思い浮かべたけどね。ただ単に集まってるだけじゃなくて、何か目指すものがあったり、同じ方向を向いてたりするっていうか。何か目標がないと“運命共同体”とは言わないからね。うちの場合も、自ずとそういう感じなんじゃないですかね。
Kj
タイトル自体はそんなに深く考えてないけど、メンバーとライヴに来てくれる人たち、レコード会社とかエージェントとか全部ひっくるめて、このDragon Ashというプロジェクトに参加してくれてる人たちということだよね、「運命共同体」っていう歌は。このチームでまた頑張っていこうっていう意思表示でもあるし、何かこう、改めて多くの人に向けてた明るい曲でもあると思うし。もともとはベスト(デビュー10周年記念ベストアルバム『The Best of Dragon Ash with Changes』)後の一発目のシングルとして、「運命共同体」っていう曲を出して新たなスタートを、みたいな計画で始めてたから。

確かにそういう決意を感じさせる歌詞ですよね。

桜井
そういえばこの曲、“ペタ”っていう仮タイトルが付いてたよね。あれ、なんで“ペタ”だったの?
BOTS
テラ(国際単位系の接頭辞のひとつ)の上の単位は何だっていう話をしてたんだよ。

なぜ単位を表す言葉を曲の仮タイトルに?

Kj
いや、タイトルが決まってなかっただけなんですよね。やっぱ“運命共同体”って付けるの、どうかなっていうか。そんなにポジティヴな響きの言葉でもないっていう意見もあって。RIP SLYMEにも「運命共同体」って曲があったから、どうなんだろうなっつって。でも、そのまま変えずに「運命共同体」になったんだけど。英語にして分かりづらくするよりは明確にいきたかったから。
桜井
字面はいいよね。軽く言えない言葉ではあるけど。

曲調的には、オルガンと力強いSEでドラマチックに始まり、そこからドカーンと行くかと思いきや、スティールパンの音も鳴り響く温かなバンドサウンドとともに、ゆっくりと高みを目指すような展開になっていて。

Kj
今回は、構成が入り乱れたりとか、これがミクスチャーなんだってとこを分かりやすく提示したかったんだよね。

その点では今回のカップリング3曲、メンバー自身(BOTS、桜井 誠、HIROKI)によるリミックスはどれも、“歌”を中心にした分かりやすい解釈だったのが逆に新鮮でした。いずれも音質自体は各々の個性が出た、驚くほど雰囲気の違うものになってるんですけどね。

BOTS
(「運命共同体(BOTS REMIX)」担当)俺の場合は、去年これ(「運命共同体」)を録ってる時に家でギターを弾きながら耳コピとかしてて。で、このままリミックス作れたらいいなぁと思って作った感じ。だから、ほぼサンプリングじゃなく自分で弾いた音を使ってて。ひとつのキーワードだけで成立するようなリミックスの仕方もあるけど、この曲に関しては、詞はちゃんと全部入れた方がいいとは思った。いわゆる“リミックス”的な変化球で攻めるよりは、わりと聴きやすい方がいいかなぁ、と。意識してはないけど、単純に詞が好きだったりメロディーが好きだったりしたんじゃないかな? だから、リミックスだけどきれいに(歌を)残したいっていう。
桜井
(「繋がりSUNSET(桜井誠 REMIX)」を担当)「繋がりSUNSET」も小賢しいことはできないっていうか。歌がしっかりしてるからね。それで構成もなんも変えずにめっちゃ分かりやすく、その分、音質で面白いことをしてて。僕の場合、わざと古くさい感じのテクノにしてます(笑)。
HIROKI
(「Velvet Touch(HIROKI REMIX)」担当)僕は、やるならド・レゲエにしようと思ってて。Dragonのファンの人もそういうのは好きだと思うから。今回はリミックスですよっていうより、“あ、こういう曲だっけ”って印象になったらなっていうか。何回も聴かないリミックスじゃなく、曲として聴いて、“もう一回聴いてもいいかな”って思ってもらえる曲になればなって。
桜井
今回リミックスしたみんな、そうだよね。歌をネタにしないで、歌は歌のまま、トラックだけ作り直した感じ。
IKUZONE
でも、非常に各々の個性が出てますよね。

まさに。そして3月にはいよいよニューアルバムが到着! どうやらかなり熱いアルバムに仕上がっているとか。

Kj
まぁ、今回の印象はアルバムで吹っ飛ぶと思います。そういうとこでは、いい子ちゃんになった感じは全然ないです。音楽的にはね。“はぁ~?!”みたいな感じで全然いいんで(一同爆笑)。
「運命共同体」
    • 「運命共同体」
    • 初回生産限定(共同体識別ステッカー封入)
    • VICL-36487
    • 2009.02.04
    • 1050円
Dragon Ash プロフィール

ドラゴン・アッシュ:1997年、Kj、IKUZONE、桜井誠の3人でデビュー。その後、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-Vが加入し7人編成になるも、12年にオリジナルメンバーのIKUZONEが急逝。13年、現在のメンバー6人で再び前進することを決意する。今アルバムよりKenKenがレコーディングに全面参加。デビュー時よりあらゆるジャンルを驚異的なスピードで横断し、Dragon Ashとしか表現しようのない音を鳴らし続けている。Dragon Ash オフィシャルHP

OKAMOTO'S×Dragon Ash プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着