取材:斉藤ユカ

恋する気分が高まる珠玉のラブソング

「恋」とはまた、ストレートなタイトルで。

KIM
そのものズバリですね、僕の実体験を書き殴った歌詞が基になってるんで。ただ、リアルに切ない歌だと、やっぱり自分で歌ってて痛いじゃないですか(笑)。だから、最初はかなり輪郭をぼかした書き方をしてたんですけど、仕上げていく段階で、より聴き手に伝わりやすいようにSOYAにちょっと角度を変えてもらったんですよね。
SOYA
別れの歌なんですけど、いかに未練がましくなく書くか。でも、ふわっと切なさが残ってるっていうのを僕はイメージしました。

恋する気分を音と言葉で表現すると、まさにこんな感じかもしれないですね。聴いていると気分が高まってくる。

KIM
そう、それを求めてました! 例えば、誰かを愛しく思うとか、何かに対して怒りを覚えているとか、音楽を聴くことでその時に抱いている感情が極まることってあるでしょ? そういう意味で、今回は恋する想いが高ぶるような曲に仕上げたいなと思ってたんですよ。

しかも、全体的にどこか青春っぽくて瑞々しい。

AIBA
そのなんとなく青臭い、アカ抜けきらないような感覚が歌詞にあったので、アレンジも物語の展開に沿って起伏のある感じにしたかったんですよ。歌とラップのバランスとかも意識したし、ソロのスクラッチではガラッと印象を変えてみたり。恋の展開を音でもイメージしました。

そうそう、今回はスクラッチも相当効いてるし、せめぎ合うようなツインヴォーカルや、SOYAくんの限りなく歌に近いラップなど、聴きどころ満載ですね。

TOSHIRO
“まさか!?”って思うところにもスクラッチがたくさん入ってます(笑)。どんどん展開していく曲なんで、場面が切り替わるきっかけになればいいなと思って。
SOYA
ラップに関しては実はさほど意識してなかったんですよね。感覚的にやった感じで。メロもあんまりヒネらず、ただ気持ち良く聴いてもらいたいと思って。
TOSHIRO
とはいえ、歌モノのラップってすごく難しいんですよ。ただラップ調に歌うんじゃなくて、ちゃんと韻を踏んで、ヒップホップの概念を忘れてないところがSOYAらしい。
KIM
ヘッドホンで聴いてもらっても面白いと思いますよ。右のスピーカーからSOYAの声、左のスピーカーから僕の声が聴こえるっていう、そういう仕掛けもあったりして。
AIBA
シャッフルビート使ってたりね。使っている音色なんかは意外にブラックミュージックっぽいというか。前作「キズナ」はロックテイストでしたけど、今回はかわいらしい印象ではあるけど、意外にクラブ寄りの曲なんです。

まさにこの4人じゃなきゃできない楽曲ですね。

KIM
ほんとそうですね。僕ひとりで最後まで作ってたら、きっとベタベタのラブソングで終わってたと思うんですよ。でも、Hi-Fi CAMPらしさがミックスされた結果、うまくバランスがとれて、いい曲になったなと素直に思います。女性から見てどうですか?

もちろんいい曲だと思います。この歌詞の世界観を見て、男の子にとっての普遍的な恋の風景だなと思いました。

KIM
ああ、失った恋を引きずってる感じは、確かに男の子に多いんでしょうね。でもいいんです、同世代の女の子から上目線で見られるぐらいが、たぶんちょうどいいんですよ(笑)。
Hi-Fi CAMP プロフィール

07年1月に結成。バンドを解散し、音楽において新しい可能性を求めていたKIM(vo)と、同じ想いを抱いていたAIBA(key)が出会い意気投合。時を同じくして、仙台のクラブでライヴを重ねていたSOYA(vo)、TOSHIRO(DJ)と出会う。「互いにないものを持ち合わせながらも同じ方向を向いていた」という4人は運命に導かれる様に集まり、Hi-Fi CAMPが結成された。

08年6月に1stシングル「キズナ」でメジャー・デビュー。映画『僕の彼女はサイボーグ』の挿入歌に抜擢され、リリース前にも関わらずUSEN総合チャートでベスト10入りを果たし、全国45局のラジオ局でパワー・プレイに選出された。また、TBS『北京オリンピック2008』テーマ・ソングに起用され、同年8月に発売されたSMAPのシングル「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」の作詞・作曲を手がけたことでも話題を呼んだ。

現在も4人は仙台在住。「自分が一番暮らしやすい地だからこそ、表現したい音楽を作ることができる」と仙台の地にこだわり、レコーディングも全て仙台で行なっている。軽快なリズムとハイトーン・ヴォイスを武器にするSOYAと、優しくて繊細なKIMが織りなすコーラス・ワークはライヴ感と強烈な疾走感を持つ。そして存在感のあるサウンドとアレンジを一手に引き受けるAIBA、曲にスパイスを与える技巧派TOSHIROという、今までにないスタイルのアーティストとして躍進し続けている。Hi-Fi CAMPオフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着