取材:ジャガー

表現しきれなかったモヤモヤ部分がなく
なってきた

「青い花」は、すごいキャッチーな曲に仕上がってますね。

竹森
テレビアニメ『キャシャーン Sins』の主題歌の話をいただいて作りました。キャシャーンはヒーローなんだけど、ヒーローらしくなかったり…なんか沸々としたもの、人間が内側に秘めている感情っていうのをすごく感じたので、それを歌にできたらいいなと。メロディーに対してのアプローチも、僕の持っているクセだけじゃなくて、より多くの人に伝わりやすいもの、“これカッコ良いよね”って言ってもらえるものになったらいいなってイメージしながら作っていきましたね。
穐元
キャシャーンって孤高のヒーローだと思うんです。自分だけが不思議な存在であるっていうところで悩んでいたり。強そうに見えるけど、心の中ではものすごく感情が渦巻いて、いろんなことで悩む…それって今の自分たちにもハマるし、そういう心境をジャンル関係なく新しい音としてバンドのグルーブだけで心理描写したかったんです。

歌詞は“ねえ今 どうして僕ら生まれたの”と、核心を突く投げかけから始まっていて、そのストーリー性にグッとくるものがありました。

竹森
実は…最初のひと言が全然出なくて(笑)。何回書いても曲が映像に負けてしまってて、それで一度素になってみたんです。カラーボトルがやりたいことと今回の話がリンクしないと説得力がないので、ギターを持ってスタジオにこもって出た言葉が“ねぇ、今なんで生まれたの? なんで出会ったの?…分からない”でした。その言葉の奥にある想い、感情をバンドサウンドで表現できたら面白いだろうなと。そこから広がっていった感じです。

でも、後ろ向きではないですよね。答えは見えないけど、前へ進んでいこうとする強さを感じました。

竹森
何のために生まれたのか、何のために出会ったのかって、話し合っても答えはないかもしれない。だから“お前と一緒にいれてうれしい”とか、“分かんないからこそ手を握り返してほしい、自分を求めてほしい”っていう人間の欲望というか…なんかそういうシンプルなところに答えはあるんじゃないかなって。
渡辺
こういう答えの見えないメッセージの曲って、プラスとマイナスだけじゃないじゃないですか。どうやって表現したらいいんだろうって、ギターでいろんな細工を加えたりしてみたんですけど、あえてそういうことをせずに“GパンにTシャツ一枚みたいなラフな感じでいこうよ”って(B’z等の編曲を務める)プロデューサーの明石昌夫さんに話をされたことがあって。小難しく考えて過ぎていたので、楽な気持ちでレコーディングできました。

そういった客観的な視点は大事ですよね。

竹森
自分たちで客観的に見ると、振り切れない部分が出るので、“これはダメだろ”って止めてくれる人の存在は大きいですね。まずは何でもいいからやってみようってなるし、チームで曲を作るって感じです。

団結から、自信につながっていくのでは?

竹森
どうなんですかね。ちょっとずつ覚えてきたんじゃないですか、曲を作るために必要なこととか。何となく自分たちがやりたいけど、表現しきれなかったモヤモヤ部分がなくなってきたので。なくなってきたらどんどん次の何かができると思し。解き方が分かってきたから楽しいですよ、算数みたいで(笑)。

12月には東京と大阪でワンマンライヴが決定していますが。

大川
「青い花」をきっかけに、足を運んでくれる人もいると思うのでいろんなカラーボトルを感じてほしいです、やっぱライヴが好きなんで。
穐元
グルーブで勝負したい。毎回ライヴに来てても、“このバンドってこういうバンドじゃなかったっけ?”っていう、いい感じで裏切れたらいいなって。
カラーボトル プロフィール

仙台出身の4人組ロック・バンド。メンバーは竹森マサユキ(vo、g)、渡辺アキラ(g)、穐元タイチ(b)、大川“Z”純司(dr)の4人。
ヴォーカルの竹森を中心として、04年にバンド結成。同年、新星堂オーディション『CHANCE!!』04年大会に東北・北海道代表として出場、準グランプリ/ベストボーカリスト賞を獲得。05年には1stミニ・アルバム『感情サミット』をインディーズ・リリース。さらに翌06年には2ndミニ・アルバム『to be or not to be』を発表し、インディーズ・シーンでめきめきと頭角を表していく。
07年、メジャー・デビュー作となる3rdミニ・アルバム『彩色メモリー』を<ドリーミュージック>よりリリース。インディーズ時代の名曲「グッバイ・ボーイ」のライヴ・ヴァージョンを含むこの作品によって、メジャー・シーンにもその存在感をアピールすることになる。
「老若男女幅広く、響く!伝える!届く!『お茶の間ロック』サウンド」が合言葉の彼ら。そのシンプルかつストレートなロック・サウンドは仙台から日本国内へと支持層を拡げている。カラーボトル Website
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着