取材:高橋美穂

今まで歌えなかったことが、やっと飛び
越えられた

和奏くんには、シングル「Can’t Explain」のインタヴューの時に訊いたんですけど、今日は元太くんと竜太くんもいるので、おふたりにとってはこの一年半ってどんな時間でした?

橋口
今思えば、このアルバムに必要なものを身に付ける時間だったと思いますね。悔しかった時期もあったけど…生みの苦しみを一番感じてるのは和奏さんですからね。そこで自分は何ができるのかなって思ったら、この人が持ってくる曲に対していいものを返せる準備することしかなくて。それしかできないけど、それを突き詰めてやっていこうっていう気持ちでやってましたね。
松村
俺は、俺や竜太が曲作ればいいって話でもないと思ってて。和奏の言葉を和奏自身が書くことが、No Regret Lifeとして成立することだと思うから、信じて待つことが大切かなって。でも、時間が経ってテンションが下がるのが嫌だったんで、いろんなライヴを見に行ったりとかして、気持ちの維持をしてましたね。

では、アルバム全体のビジョンは、事前にはありました?

小田
ダイナミックな曲が多かったので、ライヴにつながっていくアルバムになるんじゃないかなっていう。あとは、3ピースならではのアレンジには拘りましたね。今までの中でアルバム一枚のサウンド的な統一感は一番あると思うんですよ。だから、No Regret Lifeがこういうバンドっていうのは、今回のが一番分かると思います。
橋口
うん。絵が見えるってとこだと思うんですよね。

喜びや苛立ちなどの気持ちもストレートに音に出てますね。

小田
あぁ、そうですね。そこはより自分の中の箍を外した方がいいんだろうなとは思ってたし。今までだったら歌えなかったこととかを、やっと飛び越えれた気がしますね。

それは愛が歌われてる「ヨロコビノウタ」に特に感じます。

小田
うん。“I LOVE YOU”じゃないけど、小田和奏なりのラヴソングだと思ってて。何かを思うことに喜びを感じるってことですね。自分がいいなと思うことから全てが始まるんだなって、改めて思ったんですよ。これはやっと書けた感じだよね。悲しい曲を歌おうが、それだけじゃないものが自分の中にはあるし、最後はふっと笑えるようなバンドでいたいんです。

まさにこの曲はアルバムのラストですけど、そこに至るまでには「パラサイトシティ」みたいな、今までのノーリグにはなかった怒りのハードロックナンバーもあるわけですしね。

小田
レッド・ツェッペリン復活を祝して(笑)。自分にこういうルーツが眠ってるのは自覚してるし、それがちょっとずつ目を覚ましているっていう。でも、俺は新しい踏み台だと思ってても、ちゃんとNo Regret Lifeに着地してるから、フックにしか見えないんだよね。もっと大胆なことをしてもいいのかなって。

それだけNo Regret Lifeの可能性が広がってるんだと思いましたよ。でも、ふたりはこの曲は驚いたんじゃないですか?

松村
俺は、それはあった。基本的に8ビートの曲が多いから、16ビートのこの曲をどう料理してこうかなって?。 最初は戸惑った。
橋口
でも、これにチャレンジして見えたことは大きかったね。

また歌詞も、より素直になって分かりやすくなりましたね。

小田
自分で自分のことを歌うってことに対して追求したんじゃないですか。もっと言うと、自分が歌わないと成立しないってところまで持って行きたいっていう。まだ途中段階ですけど。

まさに「1980」とかはそんな歌ですよね。

小田
自分の半生を振り返った、みたいな感じなんですけど、このアルバムの一番重要な位置ですね。まぁ元太は79年生まれで、竜太は81年生まれで、完全にすいませんなんですけど(笑)。でも、「1980」があって、2001年にバンドを組んで、今は2008年で、この先どこへでも行けるじゃないですか。だけど、自分が舵をとらないと、どこにでも行ってしまうっていう。このテーマって難しいんですよ。幾つになっても自分の半生を振り返れるっていう、偉そうな人間じゃねぇしって思うから。でも、このバンドを組んで、この一年半が一番考えさせられたから、振り返った時に思い出せる曲を残さなきゃいけないと思った。だけど、苦しんだけどネガティヴだけじゃないんだよね。自分が自分に課したハードルを越えるためにこうなったわけで。

だからアルバムも、重暗さには支配されてないですね。

小田
そうですね。“俺、こんなしんどかったけん、聴いてくれや”じゃないんですよ。音楽は聴き手がその先を描けると思うから。でも、“普通じゃん”って思われるのは一番嫌だなって思って。いいか悪いかはその人が決めることだけど、俺たちはこれが最高だと思ってますね。

うん、自信や主張が気持ちいいほど表われてると思います。

松村
でも、最後にありがとうって言える気持ちを残しておきたいっていうのもありますね。自己主張って、間違えるとわがままと受け取られるかもしれないけど、そうじゃないんだよって。ただ、同じような思いの人がいたら、一緒に行きたいんですよね。
No Regret Life プロフィール

ノーリグレットライフ:2001年1月、小田和奏(Vo&Gu)と橋口竜太(Dr&Cho)を中心として結成。翌月に松村元太(Ba&Cho)が加入し、現メンバーとなる。05年9月、シングル「メロディー」でメジャーデビュー。以降、年間約100本に及ぶライヴを行ない、08年8月には約1年半振りのシングル「Can’t Explain」をリリースし、ネクストレベルに突入した。No Regret Life Website
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着