文:えびさわなち

自分らしく常にいろんなことに挑戦して
いく

J(S)Wの活動も活発な今、ジェット機でもベスト盤&ニューミニアルバムを発売、と非常に忙しいですね。

宮田
いやいやいや。
野田
宮田ジェットの忙しさを隣で見ていると、“これは宮田ジェットにしかできない忙しさだな”って思いますよね。
宮田
忙しいのが好きなわけじゃないけどね(笑)。でも、何かをやっていないとダラダラと過ごしてしまうから、あえてスケジュールを入れて、それを遂行していくだけですよ。
野田
でも今、宮田ジェットはめちゃんこ頼もしいですよ。宮田ジェットと川西ジェットと一緒にいて思うのは、ミュージシャンとしての理想像がそこにあるんですよね。僕らの世代から言うとオトナの人たちはつまらなくなっていくイメージがあったんですけど、“まだロックに対する希望はあるな”という気持ちにしてもらえるんですよ。だから、本当に頼もしいですよね。

切り替えはうまくいってますか?

宮田
どちらも僕自身は変えているわけではないので…。多少、衣装は変えたりしますけど、Tシャツが長くなるか短くなるかくらいで(笑)。ただ、音に関してはジェット機にはジェット機の4人にしか出せない音があるし、J(S)Wにはやっぱりあの4人でしか出せない音があるわけだから。水泳でもクロールと平泳ぎとあるように、同じロックという水の中で泳ぎを楽しんでいる、そんな感じかな。

でも、相互作用はあるんじゃないですか?

宮田
それはありますね。J(S)Wは昔は8ビート一本だったんだけど、川西くんのドラムは16ビートが結構強かったりもするから、小林に16感を押し付けたりしてる(笑)。
野田
それって素敵なことですね(笑)。
宮田
今を生きている限り、常にいろんなことに挑戦していくことは大事だからね。でも、一番大切なのは自分らしく表現できることだと思いますけどね。

そんな中、ジェット機としてはベストアルバム『BEST』と新曲を集めた『MUST』を同時発売しますね。

宮田
“これがジェット機ですよ”っていう僕らの柱となっている曲を、名刺のように分かりやすくして出せればいいなって思っていたのでベスト盤を作ったんです。それと同時に今の最新型のジェット機を『MUST』に込めて。『MUST』ではあえて、メンバーがそれぞれ作詞作曲をするということにも初挑戦して、本当に“最新型”を体感できるようになってますね。

『MUST』は個性が出ましたよね。

野田
そうなんですよね~。川西ジェットの曲は聴いてくれる人にも新鮮なんじゃないかとは思いますけどね。川西ジェットが詞曲を書くのは初めてだったし、それを宮田ジェットが歌うっていうのも初めてなわけだし。でも、今回はそういうテーマでしたからね。自分たちでも楽しめましたね。
宮田
akkinジェットの曲でもああいう歌い方を僕はしたことがなかったんだけど、akkinジェットの指導の下でバシッとやったんです。各曲、作った人がプロデューサーとなって作業は進めていったんです。そう言えば、野田ジェットの曲はジェット機史上最もキーが高いんだよね。(寺岡)呼人の作ったJ(S)Wの新曲もキーが高いし。今、そういうバイオリズムなのかな? でも、新鮮ですね。歌い方もビブラートかけずにスパンと伸ばしてみたりもしているしね。
野田
いや。本当に宮田ジェットの声は今、すごく出ているし、研ぎ澄まされてるんですよ。例えば『GOING MY WAY』も“こういうことができたらいいな”って思っていたら、宮田ジェットが“これどう?”って持ってきてくれて。ドラムパターンにしてもサウンドの感じにしても今までのジェット機にはなかったし、やってみたかったことだし。空気を読み取れるくらいに研ぎ澄まされてるのかなぁ~って思ったんですよね。

そして、『BEST』。これはライヴへの招待状のように、ライヴへ行きたくなります。

野田
シングルで出ている曲とPVになっている曲、それとライヴでいつもやっている曲をメインに選びました。
宮田
SEから入ってるから高揚するよね。“ジェット機=ライヴ”というところは大きいし、CDだけではなくてライヴを見て完結する部分はあるから、ジェット機を知ってもらうにはライヴのような作りになったのは良かった。

改めて『BEST』盤を聴くとどんな感想がありますか?

宮田
僕は車でよく聴くんだけど、スカッとする1枚ですよね。
野田
ふと気付くと結成からの5年があっと言う間で。でも、ベスト盤を出せるくらいまでやってきたんだって改めて感動しましたね。

この2枚を聴いて次はライヴへ!! ですね。

宮田
ぜひ遊びに来てください。
ジェット機 プロフィール

miyata JET(vo)、akkin JET(g)、noda JET(b)、kawanishi JET(dr)からなるロック・バンド、ジェット機。何を隠そう、その正体は、元JUN SKY WALKER(S)の宮田和弥、元ユニコーンの川西幸一、元ハートバザールの鈴木玲史、そしてジャイアントステップとしても活躍する野田太郎というスーパー・バンドである。ストレートなメロディと爽快ギター・サウンドによる、パンキッシュな楽曲を繰り広げ、往年のジュンスカ・ファンにはたまらない、宮田の吐き捨てるようなヴォーカルも聴くことができる。
03年9月、175RのSHOGOが設立したレーベル<BUG ROCK RECORDS>の第1弾リリースとして、1stミニ・アルバム『FIRST JET』を発表する。ジェット機 Official Website
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着