取材:お髭のマツオカ

そのビジュアル同様、より“とがった”
一枚に!

早速、聴かせていただきました。前作と比べても、バンドとしてより一体感が出てきたように感じます。

Ohyama
1枚目は、ほとんどバンドとしての感触とか何にも分からずに作ったって言うのが本音なんで。今回はある程度の活動をしてきたので、高まってるとは思います。

やっぱり、ライヴをこなしてきたのは大きいですか?

Ohyama
実際にライヴで曲をやって、どんどん良くなるっていうのはありますね。“このバンドをやってるんだ”という気持ちも強くなるんで、そういう気持ちが、曲作りにも出てるんじゃないかと。

ヴォーカルが入ったことによって、PE'Zよりも“バンド”という意識は強かったりするのですか?

Ohayama
いや、そこはあんまり変わらないですね。新しく作ったバンドなんで“新人”って気持ちはありますが…まぁ、実際新人ではないですけどね(笑)。バンドとしては新人。

今回の『蒼白い街』では、生みの苦しみはありましたか?

Ohyama
今のところそういうのはないですね。pe'zmokuに関しては新しいバンドなんで、まだいくらでも出てきます。PE'Zの時は曲作りはもちろん、広がりも持ちたいし、新しいこともやりたいしって悩みがありました。ちょうど今は、こっちに集中できてるんで、息抜きというか…だから、すごい勢いで音楽が作れてます。

前作でもそうですけど、今回もsuzumokuさんの楽曲「酒気帯び散歩」をバンドとして演奏されてますね。

suzumoku
自分で作った曲って、もう自分の中では出来上がってしまっていて。それに、さらに違う魅力が加わるっていうのが面白いですね。自分の曲とは違う歌になっていくっていうか…単純にカッコ良いです。

自分の曲を、客観的に見れるということですか?

suzumoku
それもありますね、新鮮に聴こえるというか。

それにプラス、ジャズのスタンダード曲「Drum Thunder」を収録するのも前作を彷彿させますよね。

Ohayma
意図的です、今回は。前は、“この6人で何ができるか?”って探してる時に演奏した曲なんですよ。suzumokuの曲も同じですけど、俺らなりのアレンジをして、このバンドで演ったらどうなるのかっていう。今回は新たに何かをカバーしようってことで、ちょうどやりたかった曲だったから、それを収録しました。

なるほど。今回のリリースはツアーの真っ只中なんですね。Ohyamaさん自身、“どの曲がどういう役割を果たすか、まだ分からない”とブログで書かれていましたが、ツアーに関してはいかがですか?

Ohyama
前作と今作を合わせても、しょせん10曲しかないんで。新曲もやらないと。だから、観客の好きな曲をやろうとか、そういう余裕はまだないですね。バンドっていうのはアルバムを出して、その曲をライヴでやるんだけど、1年後よりも2年後、3年後の方が当然良くなってるわけで…今回はそれができない分、常に新しい、新鮮な気持ちで挑もうとは思っています。

suzumokuさんはソロの時と歌い方を変えたりなど、意識的にライヴへの挑み方が変わったりしますか?

suzumoku
自然と体は動いちゃいますね、やっぱり。はっちゃけた感じになります。

その“はっちゃけ”って、suzumokuさんの中にもともとあった部分なのですか?

suzumoku
あったんでしょうけど…ソロでは気が付かなかったですね。このpe'zmokuで開眼しました。
Ohyama
演奏がこういう面子なんでね。ライヴの時は、suzumokuの声なんて聴いてない(笑)。“歌の伴奏をしてる”って気持ちがないですから。このバンドを組む時に、むしろそういう方向に行ってほしいって考えてたし、“バトル感”みたいな。PE'Zでは、そういうバトルなライヴしかやってないしね。だから、suzumokuもその中に入って、一緒に戦ってるんですよ。ライヴはそんな感じですね。

他のメンバーの方はどうですか? 今回のミニアルバムやツアーについて。

Nirehara
ライヴに関しては、今年は夏フェスに何本か出たんですけど、ステージごとに良くなってましたね。ツアーも必ずそうなると思うとドキドキしてます。
Kadota
今作に関して言うと、前作『ギャロップ』にはないバリエーションが出せました。
うん、さっきも話に出たけど、『ギャロップ』の時はまだ“PE'Zとsuzumoku”って感じでしたからね。今回はより勢いが出てきてるかな。

ヒイズミさんは、今回は詞も書いてますよね。

ヒイズミ
はい。立候補して書きました。

ちなみにsuzumokuさんは、他の方が書かれた詞なり曲なりを歌うという経験は?

suzumoku
初めてだったので、いい経験をさせてもらってます。
Ohyama
こんなふうに、バンドの成長を目の当たりにする機会ってなかなか少ないですよ。俺らが1枚目から2枚目、そしてライヴで進化していく様を見れるのは絶対楽しいと思うんで、ぜひライヴ会場に足を運んでほしいですね。
pe'zmoku プロフィール

ペズモク:日本が誇る侍ジャズ5人衆PE’Zと、オルタナティヴ・フォークの新星suzumokuの合体ユニット。ジャンルの異なる2組が、互いの音楽性に惹かれ合い“音楽を通じて夢や希望を伝えたい”という想いから結成。2008年7月にデビューミニアルバム『ギャロップ』をリリースし、その活動を本格化させた。pe'zmoku オフィシャルサイト
DefSTAR RECORDS

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着