【メガマソ】『2015ウィンターツアー
ファイナル「MEGAMASSO-サイレントカ
゙ール,オープニングガール-」
』2015年12月16日 at 新宿ReNY

撮影:インテツ/取材:清水素子

 夏の全国ツアー最終日に、次ツアーの最終日をもって1年間の“冬眠”期間に入ることを発表していたメガマソ。そして、結成9周年を迎える当日に新宿ReNYで行なわれたファイナル公演は、しばしの別れを惜しむ涙の先にサプライズな喜びがあふれたものとなった。

「ブラインドイノセンス」で軽快に幕開けると、ハイセンスな空気感の奥に芯の太いバンドプレイを備えたメガマソ独自の世界観がステージ上に次々と展開。壮大かつドリーミーなサウンドスケープにオーディエンスの拳があがって、その指にはめられたLEDリングの光と飛び交うレーザー光線が夢世界を織り成す「スノウィブルー」に、「トワイライトスター」ではメンバー3人がセンターに集うシーンも。飛び跳ねるファンを笑顔で見下ろしてギターソロを放つ涼平、歌詞を口ずさみながら6弦ベースを操るGou、そしてどこまでも伸びやかな歌声を響かせるインザーギの姿から、この記念すべき日を楽しみ尽くそうという想いが伝わってくる。さらに中盤では、ゆったり良質なポップスの中に切なさが滲む「MISS WAVES」、バックスクリーンに映る森林をバックにアコギの音色と朗々たるアカペラが場を圧倒する「君は埋没林に向かう。」、エモーショナルが爆発して胸締め付けるスローチューン「とても小さくて、きっともう見えない。」と深遠な物語を惜しみなく披露。彼らの特異性を存分に示すや、後半戦ではフロアーが左右にモッシュしてタイトル通りの景色を見せる「クンクタトル乱舞」等で、いきなりダーク&ヘヴィに攻め切るのも痛快だ。そんな中でも透き通る女性ヴォーカルを挟み込み、メガマソらしい摩訶不思議なファンタジック感を醸し出したヘドバンチューン「fish tank」を経て、辿り着いた本編ラストは会場限定で発売されたシングル「フロスチ」。美しいメロディーとミラーボールの光を浴びて涙ぐむオーディエンスの姿は、どこまでも美しかった。

 アンコールでは全身黒から全身白への大変身を遂げ(加えてGouは髪色がシルバー、涼平はツインテールの女形に!)、1stシングル「星降町にて」やアグレッシヴなドラムビートが轟く「芋虫の主」等の人気曲を届ける3人にフロアーも熱狂。そして、Tシャツに着替えてのダブルアンコールでは、“こうやってメガマソの世界を見せることができて、本当に幸せな9年間でした”とのインザーギの言葉に続き、1stミニアルバムのタイトル曲「涙猫」の大合唱が会場を満たした。あふれ出す感情を押し隠すように涼平が早々にステージを去り、Gouが“愛してるぞ!”とマイクレスで叫ぶと、インザーギは“また、この世界でみんなと会えるとしたら、精一杯メガマソの世界観を届けたいと思います”と静かに宣言。しかし、終演を惜しむ拍手の中、“メガマソより重大発表!”の文字がスクリーンに映し出され、2016年12月10日の品川インターシティホール公演が発表されると、一転フロアーからは歓喜の悲鳴が沸く。交わされた約束の日は10周年間近。それまでメンバーそれぞれがメガマソ以外の場所でいかにパワーチャージをし、その結果をいかに見せるのか? 彼らの新たな挑戦は、すでに始まっている。

セットリスト

  1. ブラインドイノセンス
  2. ステイ with ミー
  3. スノウィブルー
  4. MOON
  5. トワイライトスター
  6. DeepSnow
  7. MISS WAVES
  8. 君は埋没林に向かう。
  9. とても小さくて、きっともう見えない。
  10. かけあい-さかさ-まんじ
  11. クンクタトル乱舞
  12. fish tank
  13. 脂肪の塊
  14. Loveless, more Loveless
  15. LIPS
  16. フロスチ
  17. <ENCORE1>
  18. ザガールダイドホエンバウンド
  19. 星降町にて
  20. 地ベタ四ツン這イ太郎
  21. 芋虫の主
  22. <ENCORE2>
  23. サイレントガール
  24. 涙猫
メガマソ プロフィール

メガマソ:2006年12月結成のヴィジュアル系ロックバンド。Shibuya O-EASTで1日2公演行なったデビューライヴは両公演ソールドアウトという破格のデビューを飾った。16年12月から1年間の冬眠(活動休止)を経て、17年6月に10周年記念アルバム『天使崩壊』をリリース。メガマソ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着