【PrizmaX】『PrizmaX Level 1 〜ア
イアシアターで会いアSHOW〜』2015年
12月5日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo

撮影:笹森健一/取材:森川里沙子

 チケットは即日ソールドアウト。超満員のホリック(ファンの愛称)で埋まった客席に色とりどりのペンライトが揺れる中、客席後方の階段からメンバーが登場すると会場は驚嘆の渦に。そんなホリックとの触れ合いで、一瞬にして距離を縮めたメンバーはステージへ。軽快な「Ready」の掛け合いでポップな空間を作り出したかと思えば、アカペラの独唱から始まる「抱きしめて行く」では椅子を使ったパフォーマンスで大人の魅力を振りまく。中盤ではメンバー同士の理解度を確かめるべく、テーマに該当するメンバーを選ぶ「教えてッ!PrizmaX♪」と、フリップを使った「お絵かき伝言ゲーム」に挑戦。“サンタ”がお題の伝言ゲームでは、個性あふれるイラストが終始爆笑を巻き起こした。アンコールではJリーグのユニフォーム姿で新曲「Let’s prove it!!」を披露。さらに緊急告知として、次回赤阪BLITZワンマンライヴと、ワンマン当日ダブルダッチに挑戦することがサプライズ発表された。事前に知らされていなかったメンバーはダブルダッチに不安の声を上げながらも、抑え切れない喜びをホリックと共有した。祝福ムードの中、最後にとびきり甘い「HUG&KISS」をプレゼントし、幸せな瞬間を切り取るような集合写真で締め括った。今年5月に第一章に区切りを付けた彼らは、今回新しいスタッフとともに作り上げた新生PrizmaX初のステージということもあり、メンバーそれぞれの意気込みがダイレクトに伝わるステージだったように思う。この日、彼らはこの先レベル2、レベル3…と続いていくであろう、新しい歴史の大きな一歩を踏み出したのだ。

セットリスト

  1. HANDS UP
  2. Mysterious Eyes
  3. Ready
  4. Baby Be Mine
  5. 抱きしめて行く
  6. Just Revolution
  7. メドレー
  8. I believe
  9. ~REBORN
  10. ~OUR ZONE
  11. ~Truth
  12. ~Three Things
  13. Lonely summer days
  14. Never
  15. <ENCORE>
  16. Let’s prove it!!
  17. FANTASISTA
  18. HUG&KISS
PRIZMAX プロフィール

プリズマックス:2002年結成。10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加。13年3月に結成10周年を迎え、ダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。R&B、ヒップホップ、ファンクなどの要素を取り入れた音楽性から、国内外問わず多数のフェスから声が掛かるなど、活動の幅を広げている。19年、新メンバーを迎えて7人体制になったと同時に、グループ名を全て大文字表記の“PRIZMAX”に改名。新体制初の作品となるアルバム『FRNKSTN』を同年4月にリリース。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着