【Gacharic Spin】『6th Anniversar
y ONEMAN TOUR』2015年11月29日 at
Zepp Tokyo

撮影:緒車寿一/取材:土内 昇

 メジャー1stアルバム『MUSIC BATTLER』を引っ提げたツアーの最終公演。しかも、念願のソールドアウト! となれば、信念である“全力エンターテイメント”にも拍車がかかるというもの。まずは会場全体でGS Gachaをキメると、1曲目「MUSIC BATTLER」からメンバーのテンションはいきなりMAXに。のっけからテクニカルなプレイのラッシュでフロアーの床を揺らしにかかれば、当然のように観客もこれに全力で呼応。序盤にして凄まじい熱気が場内に渦巻いていた。これでこそGacharic Spinのライヴだ。そんな中、MCを務めたのが、ガチャガチャダンサーズのまい(performer1号)&ねんね(performer3号)。ゆる〜いグッズ紹介で会場を和ませ、彼女たちが歌う「溶けないCANDY」でラブリーな空気をまき散らす。中盤にもTOMO-ZO(Gu)がヴォーカルを務めるアイドルナンバー(?)「ファイナルなファンタジー」もあり、この振り幅もガチャピンらしいところ。さらに、はな(Vo&Dr)&オレオレオナ(Vo&Key)の小芝居、オレオ扮する“パントマイムのおじさん”のムービー等で爆笑を誘ったのもまた、彼女たちのライヴの醍醐味だ。F チョッパーKOGA(Ba)が“バカなことをいっぱいやってきたけど、無駄なことは一個もない”と豪語していたが、観客を楽しませること、自分たちが楽しむことに全力を注ぎ、それが結果的にバンドの許容量を高め、成長させていると言える。そして、そんなライヴで印象的だったのは、新加入のねんねの存在。鍵盤が弾けるということで、“新しいGacharic Spin”が垣間見れたのは特筆すべきところだろう。来年5月のEX THEATER ROPPONGIワンマンでどんなステージを展開するのか興味津々だ。

セットリスト

  1. GS Gacha2015
  2. MUSIC BATTLER
  3. デジタルフィクション
  4. 爆弾娘(ボンバーガール)
  5. ハンティングサマー
  6. Don’t Let Me Down
  7. Identity
  8. 溶けないCANDY
  9. ガンバンバダンサー
  10. 雪泣く~setsunaku~メロディー
  11. 夢言実行
  12. 僕だけのシンデレラ
  13. オトナ少女
  14. 今を生きてる
  15. ノスタルジックブルー
  16. 夢喰いザメ
  17. ~DRUM SOLO~
  18. TAMASHII
  19. ファイナルなファンタジー
  20. 赤裸ライアー
  21. 常識デストロイヤー
  22. ダンガンビート
  23. WINNER
  24. <ENCORE1>
  25. またね
  26. Ben-Jan-Dan
  27. <ENCORE2>
  28. Lock On!!
  29. ~GS Gacha2012
Gacharic Spin プロフィール

ガチャリックスピン:リーダーのF チョッパー KOGAをはじめ、はな、TOMO-ZO、オレオレオナ、yuri、アンジェリーナ1/3、6人からなる全力エンターテイメントガールズバンド。年間 100 本以上のライヴをこなし、国内のみならず海外のフェスやイベントにも出演。結成10周年の2019年3月にベストアルバム『ガチャっ10BEST』を、20年3月には新体制初となるアルバム『Gold Dash』を発表。Gacharic Spin オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。