【大原櫻子】『2nd TOUR 2015 AUTUM
N~秋櫻タルトを召し上がれっ☆~』
2015年11月12日 at Zepp DiverCity
Tokyo

撮影:青木勇太/取材:田中 大

 SEが流れる中、バンドメンバーたちがスタンバイ。そして、ゆっくりと歩いてステージ中央へと向かった大原櫻子。アコーステックギターを力強くストロークしながら“東京、盛り上がってくぞ!”と観客に呼びかけると、「真夏の太陽」を歌い始めた。明るい躍動感に満ちたサウンドが、人々の力強い手拍子と歓声を誘う。彼女の華やかな存在感が目いっぱいに煌めくオープニングであった。

 「ちっぽけな愛のうた」の後に迎えたMCタイム。“作詞に挑戦して、マラソン選手に取材をしました。カッコ良いテイストの曲なので、ライヴでやるのが楽しみでした”と語り、『日本テレビ女子駅伝』『さいたま国際マラソン』の応援歌「Dear My Dreams」を披露。そして、この曲で生まれた高揚感を爽やかに塗り替えたのが、大原によるピアノの弾き語りで幕開けた「瞳」。瑞々しい歌声が会場を包み込む。観客はうっとりと耳を傾けながら噛み締めていた。

 バンドメンバーたちがおにぎりの被り物を着用し、大原とともに振り付けを踊りながら盛り上げた「のり巻きおにぎり」。”さくらももこさんに作詞をして頂いた大人っぽいバラードです。初恋を思い出して何かを感じて頂けたら嬉しいです”という言葉を添えた「キミを忘れないよ」(『映画ちびまる子ちゃん』挿入歌)を経て突入した終盤は、「明日も」を皮切りに熱いナンバーが続いた。エレキギターに持ち替えてパワフルなサウンドを届けた「READY GO!」。そして、”チェリー?”と問いかけ煽る大原に対して、観客が“ブロッサーーム!”と返す恒例のコール&レスポンスを挟んで始まった「Happy Days」は、誰も彼もが大合唱。本編を華麗に締め括った。

 アンコールを求める人々の声に応えて戻ってきた大原。“ツアーファイナルじゃないですか。もう1人欲しくない? 今日一番の拍手でお迎えください”、呼び込んだスペシャルゲストは、なんとちびまる子ちゃん。元気よく踊るまる子ちゃんと並び、時々手も繋ぎながら「おどるポンポコリン」を歌った彼女は、心底嬉しそうに笑顔を輝かせていた。そして、“1人1人に届くように感謝の気持ちをこめて歌いたいと思います”と言い、ラストに届けられたのは「サンキュー。」。歌い終えた後、何度も観客に手を振った彼女は生声で“ありがとうございました!”という感謝の言葉を届けた。すると会場全体で起こった大きな拍手。ファンとの間の温かい絆が一層深まったことを感じる、とても清々しい場面であった。

セットリスト

  1. 真夏の太陽
  2. My Way
  3. オレンジのハッピーハロウィン
  4. Glorious morning
  5. ちっぽけな愛のうた
  6. Dear My Dream
  7. Special day
  8. のり巻きおにぎり
  9. キミを忘れないよ
  10. 明日も
  11. READY GO!
  12. Happy Days
  13. <ENCORE>
  14. おどるポンポコリン
  15. サンキュー。
大原櫻子 プロフィール

オオハラサクラコ:2013年公開の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビューを果たす。16年に2ndアルバム『V(ビバ)』をリリースし、全18公演の全国ツアーを開催し、ツアーファイナルは自身初となる日本武道館公演(2デイズ)を成功させた。17年5月からは舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』で初の主演を務め、ソフトバンク2017年度学割キャンペーン新テレビCM『SUPER STUDENT』にも出演した。大原櫻子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着