【Mrs. GREEN APPLE】『Mrs. ONEMAN
LIVE 〜武装と創と造〜』2015年9月
26日 at 渋谷WWW

撮影:上飯坂 一/取材:日本工学院専門学校コンサート・イベント科 舞台コース 菅原 杏

【STUDENT REPORT from 日本工学院専門学校コンサート・イベント科】

 Mrs. GREEN APPLE初となるワンマンライヴが渋谷WWWにて開催された。冒頭のMCから“緊張している”と連発していた大森元貴(Vo&Gu)。それもそのはず、バンドとして、ひとつの章の区切りとして迎えたというライヴは、超満員のソールドアウト公演となっていたのだ。会場はのっけから大歓声とクラップに包まれ、2曲目の「我逢人」では早くも大合唱が起こり、一体感を生み出す。若井滉斗(Gu)、髙野清宗(Ba)は所狭しとステージの前っつらまで身を乗り出し客席を煽る。その後も抜群に盛り上がるナンバーたちを矢継ぎ早に披露したかと思うと、「FACTORY」ではしっとりとした演奏で会場を包み込む。ハンドマイクに持ち替えコール&レスポンスを交えた「HeLLo」に続き、「アンゼンパイ」では藤澤涼架(Key)がしきりに笑顔で会場を見渡しながら演奏する姿がとても印象的だった。

 ふと照明が落ちると、スクリーンに大自然の景色が広がる。ゆったりとした空気の中ステージ上はアコースティックセットに転換され、未発表曲の「ノニサクウタ」と「春愁」を響かせる。さらに、“大人になりたくない”と若さゆえの葛藤を綴った曲「日々と君」、1カ月前に作ったという「鯨の唄」を熱唱すると、場内は一瞬にしてふわりと温かくなり、心地良い時間に包まれた。メンバーの緊張も解けてきたのか、ここからは一気に加速。“後半戦かっ飛ばしていきましょう!”と山中綾華(Dr)の掛け声で始まった「愛情と矛先」から会場の熱はピークに達し、全速力で駆け抜ける。本編最後、大森はMCの中で“メジャーデビューの夢が叶って、ワンマンもできてすごく幸せ。でも、自分の中の劣等感がどうしても拭い切れない。どこか寂しいって思っちゃう自分は弱いんだなと思った。ステージでは嘘をつけない”と自身の弱さを口にした。さらに、“音楽は僕を苦しくします。だからこそ、逃げちゃいけない、強くなりたい”と語り歌ったラストの「CONFLICT」。言葉を噛み締めながら歌う姿は、胸に込み上げてくるものがあった。

 アンコールでは、アニメタイアップに決まったという新曲「Speaking」ではじけ、その抜群にポップなメロディーに観客も踊り狂った。さらに会場からはダブルアンコールが起こり、今回のグッズTシャツに武装したメンバーが再登場。“ミセスはもっとパワーアップします!”と最後に力強く言い放ち、CD未収録曲「パブリック」を披露し、確実な未来への期待を見せ、笑顔で初のワンマンライヴの幕を閉じた。

セットリスト

  1. WaLL FloWeR
  2. 我逢人
  3. VIP
  4. リスキーゲーム
  5. FACTORY
  6. HeLLo
  7. アンゼンパイ
  8. ノニサクウタ
  9. 春愁
  10. ミスカサズ
  11. 日々と君
  12. 鯨の唄
  13. 道徳と皿
  14. 愛情と矛先
  15. ナニヲナニヲ
  16. StaRt
  17. CONFLICT
  18. <ENCORE1>
  19. L.P
  20. Speaking
  21. <ENCORE2>
  22. パブリック
Mrs. GREEN APPLE プロフィール

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、15年7月にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。18年4月に発表した3rdアルバム『ENSEMBLE』はオリコン初登場3位を記録。アルバムを提げてのワンマンツアーはファイナルの幕張メッセ国際展示場2デイズまで全公演即日完売。シングルと同時発売で最終公演の模様を収めたDVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』をリリースする。Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着