【メガマソ】『MEGAMASSO 2015 SUMM
ER ONEMAN TOUR 「ニシュタリ記念宇
宙ステーションへの留学」』2015年9
月9日 at 渋谷WWW

取材:清水素子

 8月にリリースしたニューアルバム『ニシュタリ』を引っ提げての全国ツアー最終日。序盤のMCでインザーギ(Vo)が“このツアー、ほんとに良かったから、今日は一番良かったと思える日にしたい”と語った通り、そのパフォーマンスの端々から特別な想いを感じることのできたステージだった。ギターの涼平が夢で見た物語をもとに作られたという『ニシュタリ』はストーリー性の高いコンセプチュアルな作品だけに、ライヴもヘヴィな「ザファーストニムバス」から突き抜けるサウンドがさわやかな「スノウィブルー」へと、アルバムと同じ並びで幕開け。打ち込みビートに手拍子が沸く「タイダルピンク」など、ダンサブルなナンバーでは青にピンクに光る指輪がフロアーで数多煌き、涼平もニコニコしながらスカートを揺らす反面、ピアノが導くバラード「とても小さくて、きっともう見えない。」ではインザーギの悲痛なヴォーカルが胸に刺さる。さらに、同曲の歌詞にも登場する「エインシャントソング」では、なんと音源でメインヴォーカルを務めていたジャズシンガー・Ryu Mihoがサプライズ登場。彼女が放つ透き通った歌声のもと、赤く染まる空間にローな演奏が地を這い、一転、光も音も青い世界に抜けてゆくさまは実にファンタスティックで、アルバムの持つ摩訶不思議なムードを見事に体現してみせた。続く「かごめかごめ in TOKYO Night」でもインザーギが彼女とのお洒落なツインヴォーカルを聴かせると一転、台風直下の天気にちなんで“もう雨で濡れてビショビショ? 安心してください。もっと濡れますから”と、ヘッドバンギングと拳が吹き荒れるパートへ。中でも神秘的な女性コーラスに涼平が笑顔で手拍子する一方、ポーカーフェイスのGouが6弦ベースで重低音を轟かせる「fish tank」の変則的なアプローチには、彼らの究極にハイブリッドな特性を知ることもできた。

 本編ラストの「サイレントガール」でも爽快ポップな楽曲にヘヴィなアグレッションを忍ばせ、アンコールでは冬の全国ツアーと12月16日に新宿ReNYで9周年記念公演を行なうことを発表し、ドッと沸き返る客席。しかし、インザーギが“この曲は僕の中で特別。ひとりひとりに響いてほしい”と披露した「MISS WAVES」の歌声は、驚くほどに切なかった。それもそのはず、ダブルアンコールで涼平から告げられたのは、なんと12月16日をもって1年ほどの充電期間に入るという知らせ――。“僕たちはずっと変わらないし、みんなの側にいるんだよってことを、この曲で伝えたい”と贈られた「ブラインドイノセンス」では、ファンを悲しませる痛みを堪えながらも音楽への想いを赤裸々にぶつける彼らの姿に、思わず胸が詰まってしまう。だが、この決断も涼平曰く“10周年をこのメンバーで笑顔で迎える”ためのもの。メンバーが個々の力を磨くことで、より一層進化したメガマソに会える日を待ちたいものである。

セットリスト

  1. ザファーストニムバス
  2. スノウィブルー
  3. 肌色
  4. タイダルピンク
  5. 雨楽器隊
  6. AmberFlight
  7. とても小さくて、きっともう見えない。
  8. エインシャントソング
  9. かごめかごめ in Tokyo Night
  10. St.Sad
  11. 絶対音波ナンバーミディ
  12. ベゾアルステーン
  13. Shooting St.arz
  14. fish tank
  15. サイレントガール
  16. <ENCORE 1>
  17. リフレイン
  18. MISS WAVES
  19. 芋虫の主
  20. Loveless,more Loveless
  21. <ENCORE 2>
  22. ブラインドイノセンス
メガマソ プロフィール

メガマソ:2006年12月結成のヴィジュアル系ロックバンド。Shibuya O-EASTで1日2公演行なったデビューライヴは両公演ソールドアウトという破格のデビューを飾った。16年12月から1年間の冬眠(活動休止)を経て、17年6月に10周年記念アルバム『天使崩壊』をリリース。メガマソ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着