【SuG】『SuG TOUR 2015「BLACK-FIN
AL-」』2015年7月26日 at 渋谷公会堂

撮影:山内洋枝/取材:土内 昇

 最新シングルの「teenAge dream」を歌い終わった後、“《やればできるさ》、この言葉を歌うのに8年かかりました。いっぱい挫折を繰り返したからこそ歌える”と語った武瑠(Vo)。それは彼自身、そしてSuGが次のフェーズに立ったことを意味している。活休〜復活という背景を持つアルバム『BLACK-』のツアーファイナルということもあり、取り戻した初期衝動を爆発させて、完全燃焼した本公演。そこで感じたのは、加速しているバンドの勢いは当然、許容量や可能性が増していること。柔軟かつタフなバンドサウンドは観客の高揚感を幾度も蹴上げ、そのテンションを際限なく引き上げただけでなく、かつて掲げていた“Heavy Positive Rock”という枠を大きくはみ出し、すでに新章に突入していることを、そのパフォーマンスでもって証明していた。そう、これからのSuGはますます面白くなる!

セットリスト

  1. BLACK
  2. HELLYEAH
  3. MISSING
  4. overflow
  5. B.A.B.Y.
  6. Luv it!!
  7. DEAD or DEAD
  8. STAY TUNED
  9. 神様の悪戯
  10. Time after time
  11. hey 俗 funk you
  12. sweeToxic
  13. FRIDAY!!
  14. CRY OUT
  15. SOS
  16. 一連托生
  17. heavy+electro+dance+punk
  18. 不完全Beautyfool Days
  19. 影炎
  20. <ENCORE>
  21. teenAge dream
  22. gr8 story
  23. 上海ハニー
  24. LOVE SCREAM PARTY
  25. ときどきすてきなこのせかい
SuG プロフィール

サグ:2010年にシングル「gr8 story」でメジャーデビューし、スマッシュヒットシングルを何枚も送り込む。ライヴにおいても、BABYMETALや東京女子流らアイドル勢から、神聖かまってちゃんやミオヤマザキらバンド勢、さらには怪談家の稲川淳二に至るまで異色過ぎるメンツと競演。また、海外でも精力的に活動を展開しており、15年末にヨーロッパツアー、16年1月にはタイ・バンコクでの『JAPAN EXPO THAILAND』への出演、夏にはメキシコや中国など5カ国を巡る海外ツアーを行なうなど、その勢いは止まることを知らない。SuG オフィシャルHP
SuG オフィシャルTwitter
SuG オフィシャルFacebook
SuG オフィシャルYouTube
SuG オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。