【OLDCODEX】『OLDCODEX Tour 2015
「ONE PLEDGES」』2015年7月18日 at
Zepp DiverCity Tokyo

撮影:小松陽祐/取材:榑林史章

 80年代後期のニューヨークの地下鉄構内をイメージしたようなステージセットにサイレンが鳴り響き、颯爽とメンバーが登場すると、会場は割れんばかりの歓声で包まれた。OLDCODEXにとって最長となる全18本を駆け抜けた全国ツアーから追加公演での東京凱旋となった18日、 “東京、帰って来たぞ〜! 遊び尽くして暴れ回って、Zepp DiverCityをぶっ壊してやろうぜ!(笑)”と、観客をはやし立てたTa_2(Vo)。YORKE.(Painter)はメンバー紹介の時、“今からライヴハウスの楽しみ方を教えてやるぜ!”と言ってマイクを鷲掴み、ニルヴァーナのナンバーを披露した。その間YORKE.に取って代わり、キャンバスにOLDCODEXの文字を書きなぐったTa_2。MCではバンドメンバーを交えてのくだけたトークを展開し、リラックスしたノリと勢いが全編に貫かれ、そんなライヴ感が、いっそう観客の気持ちを煽り立てた。聴きどころとなったのは11曲目「Lost before」から「seequret」までのミディアムスローの4曲だ。深い哀しみに全身を貫かれたように、観客は静まりかえり、ただステージを見つめた。一転、「garden gate」ではキャッチーなメロディーと英語と日本語を織り交ぜた歌詞が、凍った心を溶かすようにジワジワと広がり、気が付けば全員の大合唱で一体化する。アンコールでは、最新シングル曲「Lantana」をライヴ初披露。ラウドなロックサウンド、ファンの心を掴んで離さないふたりの人柄、そしてステージへと注がれるファンの熱気…その全てがひとつになり、とてつもなくアツイ夜になった。

※掲載写真は翌日7/19公演

セットリスト

  1. physical
  2. Swamp
  3. Ignite
  4. Backed out
  5. Cold hands
  6. mono frontier
  7. painter
  8. night flight
  9. Landscape
  10. Now I am
  11. Lost before
  12. Achromatic habit
  13. bird
  14. seequret
  15. garden gate
  16. Rage on
  17. kick out
  18. reel
  19. Bitter Aspiration
  20. Eyes in chase
  21. <ENCORE>
  22. スクリプト
  23. Lantana
  24. WALK
  25. sick of it
OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。15年に初の日本武道館公演、18年2月には横浜アリーナ公演を行なうなど国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を展開している。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着