【KANA-BOON】『KANA-BOONのとぅると
ぅるかむとぅるーTOUR 2015「〜夢の
アリーナ編〜」』2015年3月31日 at
日本武道館

撮影:古溪一道/取材:田中 大

 ステージを覆っている白い紗幕の向こう側で轟いたドラムのビート。そして、幕が切って落とされ、スタートした1曲目「タイムアウト」。強力なサウンドに刺激された観客たちの手拍子、歓声、笑顔の輝き方が早くもものすごい。その後も「LOL」「ウォーリーヒーロー」「ターミナル」などが連発され、武道館は熱気で包まれていった。

 メンバー各々の夢が随所で実現されていったのも見どころ。職人がステージ上で解体した鮪の刺身を味わった谷口 鮪(Vo&Gu)、セグウェイに乗ってアリーナ席内をパレードした飯田祐馬(Ba)、閉じ込められた箱からの脱出イリュージョンを行なった小泉貴裕(Dr)、ワイヤーで吊られて宙に浮きながらギターをプレイした古賀隼斗(Gu)…4人が少年のように大喜びしていたのが印象深い。このような夢に対する無邪気な情熱こそが、バンドを支えてきた大きな力のひとつなのだろう。

 アンコールで5月13日リリースの新曲「なんでもねだり」と「1.2. step to you」を披露した後、観客に語りかけた谷口。“道のりはいいことばかりではなかったけど、なんで頑張れたかと言うと心の底に夢があったから。夢があると頑張れる。信念があるから頑張れる。これからも夢を心に持ちながら、みんなをいろんなところへ連れていきたいです”。そして、ラストに届けられた「パレード」の演奏と歌声が雄々しかった。彼ららしいウィットを利かせた場面も存分に挟みつつ、初の武道館公演を成功させたKANA-BOON。この体験を経て、さらに大躍進していくことを確信させられたライヴとなった。

セットリスト

  1. タイムアウト
  2. LOL
  3. ウォーリーヒーロー
  4. ターミナル
  5. ワールド
  6. MUSiC
  7. 結晶星
  8. クラクション
  9. ロックンロールスター
  10. ないものねだり
  11. 生きてゆく
  12. スコールスコール
  13. 愛にまみれて
  14. 盛者必衰の理、お断り
  15. フルドライブ
  16. スノーグローブ
  17. シルエット
  18. <ENCORE>
  19. なんでもねだり
  20. 1.2. step to you
  21. パレード
KANA-BOON プロフィール

カナブーン:大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催された『キューン20イヤーズオーディション』にて4,000組の応募者の中から見事優勝し、13年9月に1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。14年8月には地元大阪で野外凱旋ライヴを行ない、デビューから1年足らずでありながら16,000人超を動員。15年には大阪城ホールと日本武道館での単独公演を、16年には初の海外公演を含む全21公演の全国ツアーを敢行し大成功を収めた。そして、18年にメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたる5リリース・5イベントを企画し、現在遂行中!KANA-BOON オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着