【GILLE】『GILLEroom LIVE vol.2 ~
TREASURES~』2015年1月29日 at 浜離
宮朝日ホール

撮影:多月宏文(Sketch)/取材:吉田可奈

 ライヴハウスとも、コンサートホールとも異なるクラシックホール、浜離宮朝日ホール。声は隅々まで行き渡り、その反響音は、細部までもしっかりと聴こえてくる。そんな荘厳なホールに、アコースティックギター、バイオリン、ピアノというアコースティック編成のもと、GILLEは息を吸い、しっかりと吐くように歌い出す。その瞬間、一気にホールの空気は一変した。その場にいた人たちは耳を澄まし、一音一音逃さないようにしっかりと聴こうと静まり返ったのだ。いつもの彼女のライヴとはまったく違う、神々しい雰囲気に飲まれそうになる。そのままその歌声と空気に身を委ねると、アコースティックだからこそ実感できる彼女の歌唱力、表現力をそのまま堪能することができた。“歌の力”。まさにこの力が聴き手全員に伝わるような、圧倒するライヴだった。

 とはいえ、天真爛漫で元気なGILLEも健在。「Try Again」や「BIG SUMMER」では、堪え切れなくなったファンたちが席を次々と立ち、タオルを振り上げその感情を剥き出しにして音楽を楽しむ。そこにはいつもの笑顔があった。MCではデビュー前から親交のあるバイオリニスト・白澤美佳と一緒に昔の思い出を語りながら涙する場面も。バンドメンバーにしっかりと突っ込まれながら相変わらずの言葉と笑顔でコミュニケーションを取る姿はとても親近感にあふれ、歌っている時のギャップに驚く。そして、インディーズの頃からずっと大事にしていたというバラード「花びら」も披露し、客席を感動で包み込んだ。

 彼女の魅力は、圧倒的な歌唱力と表現力、そして、親しみやすい…というか距離感をまったく感じさせないキャラクターだろう。その両極端な一面をしっかりと味わうことのできる、今までにないこのライヴは、彼女にとっていいステップになったはずだ。より、GILLEの世界観が広がることを期待せずにはいられない一夜だった。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
GILLE プロフィール

ジル:宮崎県出身。英詞カバー曲(AKB48の「フライングゲット」)などを動画サイトにアップし話題に。2012年7月に英詞カバーアルバム『I AM GILLE.』でメジャーデビュー。日本だけでなく、アジア中から話題を集める実力派シンガソングライター。GILLE オフィシャルHP
GILLE オフィシャルFacebook
GILLE オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着