【BUCK-TICK】『或いはアナーキー –
N P P N B D K N -』2014年12月29日
at 日本武道館

撮影:森 久/取材:土屋京輔

 BUCK-TICKが放つ、この強烈な求心力の根源は何なのか? 最新アルバム『或いはアナーキー』を携えたライヴは、全国ホールツアーの締め括りとなる東京・NHKホール公演を約3カ月前に観たばかりであり、その際の素晴らしいパフォーマンスにも感銘を受けたが、15年連続となるこの日の日本武道館公演では、また新たな衝動に心も体も揺さぶられることになった。

 新曲を主軸にしながら、過去のマテリアルを組み込んでいくセットリスト。このセレクトの仕方からして深遠だ。単に曲調的な近似性だけではなく、歌詞に描かれる世界観のちょっとした共通項まで連関させて魅せていくのである。ダダイズム、シュルレアリスム、デジタル・ビート、宇宙…そういったキーワードでつながる抽象化された概念が音塊となり、オーディエンスを異次元へと誘う。

 現実と非現実を自在に行き来する。その佇まいは櫻井敦司(vo)の艶かしく毒々しい立ち居振る舞いに象徴されるが、それが決して妄想ではないことは、彼らのステージに触れれば一目瞭然だろう。あらゆる現象がBUCK-TICKという媒介を通じて表出される瞬間の連続。享楽的な感覚もある一方、時には恐怖感すら覚えるほどだ。

 観客と常に心地良い距離感で温かさを伝える姿を改めて確認した場面も多かった。本編を「HEAVEN」で締め、最終アンコールで「CLIMAX TOGETHER」から、同名映像作品を再現する「…IN HEAVEN…」「MOON LIGHT」へと結ぶ。つまり、いずれも行き着いた先は“天国”ということか。そんな心憎い演出までさりげなく織り込んでしまう。まだまだ追究したくなるバンドである。

セットリスト

  1. DADA DISCO - G J T H B K H T D -
  2. Devil'N Angel
  3. ICONOCLASM
  4. SE
  5. ボードレールで眠れない
  6. PHANTOM VOLTAIRE
  7. サタン
  8. masQue
  9. SE
  10. 世界は闇で満ちている
  11. ONCE UPON A TIME
  12. 宇宙サーカス
  13. 独壇場Beauty -R.I.P.-
  14. SURVIVAL DANCE
  15. ROMANCE
  16. 絶界
  17. 惡の華
  18. HEAVEN
  19. <ENCORE1>
  20. メランコリア -ELECTRIA-
  21. NOT FOUND
  22. 形而上 流星
  23. 無題
  24. <ENCORE2>
  25. ノクターン -RAIN SONG-
  26. CLIMAX TOGETHER
  27. …IN HEAVEN…
  28. MOON LIGHT
BUCK-TICK プロフィール

バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。BUCK-TICK オフィシャルHP
Lingua Sounda LABEL SITE
BUCK-TICK オフィシャルYouTubeチャンネル
BUCK-TICK 35周年ティザーサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着