【SPYAIR】『SPYAIR LIVE 2014 ~復
活~』2014年12月30日 at Zepp Dive
rCity Tokyo

撮影:石井亜希/取材:高良美咲

 ライヴ前にオープニングアクトとして芸人のAMEMIYAが登場。SPYAIRの歴史を面白おかしく歌い上げ、すでに熱気にあふれていた超満員の会場の空気を和ませた。

 サイレンの音が鳴り響くと超満員の会場を歓声が包み込み、SPYAIRにとって7カ月振りのワンマンとなる復活の瞬間を迎える。そこで口火を切った「OVERLOAD」から、割れんばかりの大合唱。待ちわびていたファンのパワフルさに衝撃を受けた。そして、“おかえりー!”という声で埋め尽くされた会場にIKE(Vo)が“ようこそ、SPYAIR のライヴへ!”と告げる。いつものようにライヴが始まり、楽曲に合わせて拳を突き上げ、波打ち続ける会場。その光景を目の当たりにして、すぐさま“復活”の実感と嬉しさが沸いてきた。

 そしてアコースティックの準備をしたメンバーが4人でステージの真ん中に並び、活動休止中の最初の2カ月間の出来事を語る。当時を思い出し、笑いを交えながら話すメンバーの表情からは、さらに絆が深まったのが見てとれる。そんな中1曲だけアコースティックで披露された「My Friend」は身体だけではなく心の奥底まで温めてくれた。メンバー全員がサングラスをかけて披露した「JUST ONE LIFE」では、《やめる理由より もっと続ける理由を…探そう》という歌に、まさに今のSPYAIRが表れていてハッとさせられた。ベスト盤のシングルを軸にしたセットリストは、感情が爆発したかのようなアッパーな楽曲ばかりで、最後まで止まるところを知らず、会場は熱気を増すばかりだった。この日改めて気付かされたのは、彼らはデビューからの4年間ひたすら真っ直ぐ、前を向いた歌を届け続けていたということ。それは、活動休止中にSPYAIRの曲、ファンに励まされたというIKEをはじめ、諦めないと強く誓ったメンバーが一番よく分かったことだろう。

セットリスト

  1. OVERLOAD
  2. 現状ディストラクション
  3. Rock'n Roll
  4. WENDY ~It's You~
  5. Crazy
  6. Supersonic
  7. サクラミツツキ
  8. BEAUTIFUL DAYS
  9. My Friend(acoustic ver.)
  10. 0 GAME
  11. JUST ONE LIFE
  12. ジャパニケーション
  13. イマジネーション
  14. サムライハート(Some Like It Hot!!)
  15. <ENCORE>
  16. GLORY
  17. SINGING
SPYAIR プロフィール

スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第一弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。同年11月に発表した“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスを記録。17年8月にはオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌でもある「MIDNIGHT」をリリースした。SPYAIR オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着