【HOWL BE QUIET】『“BIRDCAGE.EP”
Release ONE MAN“FROM BIRDCAGE”』
2014年11月22日 at 渋谷CLUB QUATTR
O

撮影:石丸敦章/取材:宮本英夫

 予想以上にラウド、エモ、スピーディー。最新作『BIRDCAGE.EP』からの「千年孤独の賜物」で幕を開けたライヴは、骨太な演奏と男臭いコーラスの上に、独特の浮遊感をたたえた竹縄航太(Vo&Gu&Piano)の繊細な歌声をふわりと乗せて一気に進む。初クアトロに興奮を隠せない竹縄が、“鳥かごから飛び出したい俺らと、君らと、一緒に飛び立つ日にしよう!”と叫ぶ。音は相当にワイルドなのに、フロアーいっぱいの観客が身動きせずに聴き入っているのは、意味深い言葉をしっかり聴き取るためだ。バラードの「GOOD BYE」では、ピアノと歌を活かした静かなアレンジが光る。ギターの黒木健志がユーモアいっぱいのMCで和ませる。ドラムの岩野 亨は電子ドラムを組み込んだセットで巧みにビートを操り、ベースの橋本佳紀は誰よりも激しく動いてグルーブを司る。4人の息はぴったりだ。竹縄がギターを持つ「孤独の発明」から明るい4つ打ちの新曲、そして「ライブオアライブ」へと、“もっとすげぇのが観たい。手を貸してくれ!”という竹縄の叫びに応え、フロアーの熱気はどんどん上昇。ドラマチックな大曲「A.I.」「救難戦争」のニ連発でエネルギーを出し切り本編の幕が降りたが、誰も満足していない。もちろんメンバーもそうで、アンコールでは竹縄がピアノ弾き語りで新曲、そして冬の名曲「Merry」を久々にやってくれた。ラストは『BIRDCAGE.EP』の1曲目「From Birdcage」で、希望の未来へ向けて飛び立つシーンを鮮やかに描いてジ・エンド。楽曲同様、ライヴの構成にもストーリー性を持ち込んだ、みずみずしい感情がほとばしる1時間半だった。

セットリスト

  1. 千年孤独の賜物
  2. ステレオライダー
  3. GOOD BYE
  4. 有言不実行
  5. バトルナイフ
  6. 命のコトワリ
  7. 孤独の発明
  8. 新曲
  9. ライブオアライブ
  10. A.I.
  11. 救難戦争
  12. <ENCORE>
  13. 新曲
  14. Merry
  15. From Birdcage
HOWL BE QUIET プロフィール

ハウル・ビー・クワイエット:2010年結成の神奈川県出身4人組ピアノロックバンド。同年5月に1stミニアルバム『E.C.G』をライヴ会場限定で発売し、500枚を完売。渋谷、下北沢のライヴハウスを中心に精力的なライヴ活動を行ない、13年10月にはTOWER RECORDS限定ワンコインシングル「GOOD BYE」をリリースした。同年12月には、初の全国流通盤となる、 『DECEMBER』を発売。タワレコのイチオシアーティスト、タワレコメンに抜擢。HOWL BE QUIET オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』