【The Birthday】『COME TOGETHER T
OUR 2014』2014年10月7日 at 渋谷公
会堂

撮影:新保勇樹/取材:田山雄士

 5月からのツアーもいよいよファイナル! 客電が落ちると、2階席を含めて総立ちだ。オープニングの「LOVE GOD HAND」、肉薄するビートとサビの《愛の手を!》に合わせて早くも観客の拳が上がる。4人のアンサンブルはパワフルかつしなやか。理想的な体温で駆け抜けていく。爆走のロックはもちろん、「SAKURA」では清涼感や明るいメロディーで新風を吹かせたり、要所でフジイケンジ(Gu)のソロが豪快に炸裂したり、ヒライハルキ(Ba)がチョッパーで魅せたりと緩急豊かにライヴは進む。中でも、フジイのボトルネック奏法にチバユウスケ(Vo&Gu)のリラックスした歌が乗るブルージーな「STAR MAN」が絶品で、チバのブルースハープを中心に熱いジャムも! 会場の喝采に“いいね! 渋谷公会堂でロックンロールなんてのは、この間のブライアン・セッツァー以来じゃない?”とチバは嬉しそうに応え、“もともとドリフがやる場所だよね”とクハラカズユキ(Dr)が突っ込む。そう、The Birthdayにとって東京初のホールワンマンなのである。

  しかしながら、彼らはほとんど休まずに演奏。MCも1分に満たず、後半に突入する。クハラのタフなスネア、タムさばきからハッピーに弾ける「PIERROT」、“両手上げて”のところでチバが右手を振り上げた「COME TOGETHER」とクライマックスはさらにヒートアップし、全開の照明が降り注ぐ「くそったれの世界」では渋公が大合唱! チバもマイクを客席に向け、大団円に相応しい温かな瞬間が生まれた。無愛想でささくれたThe Birthdayに包容力のようなものが見えてきているのが何より興味深い。

セットリスト

  1. LOVE GOD HAND
  2. Buddy
  3. アイノメイロアイノネイロ
  4. 星の首飾り
  5. SAKURA
  6. KIMAGURE KING
  7. STAR MAN
  8. KNIFE
  9. LEMON
  10. Red Eye
  11. プレスファクトリー
  12. PIERROT
  13. JOIN
  14. 情熱のブルーズ
  15. なぜか今日は
  16. 星に願いを
  17. COME TOGETHER
  18. くそったれの世界
  19. <ENCORE1>
  20. ALRIGHT
  21. 涙がこぼれそう
  22. <ENCORE 2>
  23. さよなら最終兵器
The Birthday プロフィール

元ミッシェル・ガン・エレファントのチバユウスケ(vo&g)と元フリクションのイマイアキノブ(g)を核に結成。その後、元ミッシェル・ガン・エレファントでチバと共に活動していた盟友・クハラカズユキ(dr)と、結成当初は弱冠23歳であった元てるる...ヒライハルキ(b)を迎えた本格派ジャパニーズ・ロック・バンド。
06年8月に1stシングル「Stupid」、同年9月に2ndシングル「KIKI The Pixy」を立て続けにリリース。始動直後の勢いが感じられるシンプルでストレートなロック・チューンは我々音楽リスナーを瞬く間に虜にしてしまった。翌月の10月には、誰もが待ちの望んだデビュー・アルバム『Rollers Romantics』を発表。「純粋に音楽を愛している……」という4人の初期衝動と溢れ出る感情を剥き出しにした名作がココに誕生した。
07年1月にリリースされた3rdシングル「NIGHT LINE」では、気持ちいい程の疾走感に満ちた8ビートのロック・ナンバーを展開。今後も彼らの創作意欲は留まることを知らないようだ。公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着