【winnie】『Crash and Burn Tour 2
014』2014年7月31日 at 下北沢SHELT
ER

撮影:鈴木隆央/取材:田山雄士

 登場するなり、トップギアのwinnie。疾走感あふれるサウンドの中、ioriとokujiのツインヴォーカルが鮮やかなリレーとハーモニーを見せ、颯爽と持ち味を発揮していく。okujiのメタリックなギターも気持ち良く暴れ、観客のハートを瞬く間にガッチリと掴む。中盤で最新シングル曲「crash and burn」、そのカップリングで初期の楽曲だという「after morning glance」が披露されると、会場はさらにヒートアップ! 「boys & girls」での熱狂も凄まじく、この盛り上がりにはクールなioriを含め、メンバー全員の口元が思わずほころぶ。それにしても、10年選手の為せる業と言いたくなるようなエモーショナルな上に安定感のある脂が乗ったパフォーマンス。後半はクラップやシンガロングがより美しく巻き起こり、シェルターが大いに揺れていた。ニューアルバムと次のツアーも楽しみ!

セットリスト

  1. who's dreaming deep
  2. tomorrow's sign
  3. sweep
  4. traces of me
  5. crash and burn
  6. boys & girls
  7. everything
  8. loveless
  9. after morning glance
  10. enemies
  11. memories memories
  12. this storyends
  13. first class speed of light
  14. <ENCORE>
  15. suddenly
winnie プロフィール

ウィニー: 男女ツインヴォーカルで、切なく疾走感あふれるメロディーを奏でる4ピースエモーショナルロックバンド。2002年、ioriとokujiを中心に、もともとはそれぞれのサイドプロジェクトとして結成された。14年7月、約2年半振りのシングル「Crash and Burn」をリリースし、8月には約3年半振りとなる待望のフルアルバム『Nostalgic Evolution』をリリースした。winnie オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着