【UVERworld】『UVERworld ARENA LI
VE 2013 winter 「男祭り」』2013年
12月26日 at 日本武道館

撮影:鳥居洋介/取材:土内 昇

 360度から野太い声が飛び交った、日本武道館での『男祭り』。女子エリアが一部あったものの、最上階まで野郎たちで埋め尽くされている光景は圧巻だ。そんな中、楽器隊全員がドラム&パーカッションを叩き会場を揺らした「Wizard CLUB」で口火を切ったライヴは、序盤にしてクライマックスを迎えたかのような盛り上がりを見せ、客席の熱量も半端ない。

 “客席暑いの? 脱いだら?”と最初から上半身裸の真太郎(Dr)の言葉に声をあげ、上着を脱ぎ捨てる野郎たちの姿も。さらに、TAKUYA∞(Vo)の“俺たちにしか作れねぇ、最高の伝説の夜をここで迎えようか!”の言葉に呼応し、そのボルテージを加速度的に高めていく。もちろん、バンド側も最強のセットリストを用意し、攻めの体制を崩さない。グルービーな「GOLD」が大合唱を誘い、ヘヴィかつダンサブルな「LIMITLESS」で場内に熱気を渦巻かせるが、まだ前半戦。ここからさらに両者のテンションが高まっていったことは想像に容易い。

 また、TAKUYA∞が夢で聴いたメロディーと歌詞の一部をもとに曲に仕上げた新曲「7日目の決意」をはじめ、さまざまなメッセージを聴き手の胸に残していったのも特筆すべきところ。「ナノ・セカンド」で本編終了するとアンコールの声が沸き起こったが、それを遮るように“歌わせてくれー!”とTAKUYA∞。“お前ら、カッコ良いよ、マジで”と口にし、その気持ちの高ぶりから“今度さ、横浜アリーナでやろうぜ。いつかはドームで『男祭り』しような”と約束。そして、音楽に対する思い、ファンへのメッセージなどが詰め込まれたオーラス「MONDO PIECE」へ。ステージを取り囲む客席で、肩を組み合って野郎同士が大合唱している光景は何よりも印象深く、感動的だった。

セットリスト

  1. Wizard CLUB
  2. Fight For Liberty
  3. Don’t Think. Feel
  4. ace of ace
  5. DEJAVU
  6. KINJITO
  7. GOLD
  8. LIMITLESS
  9. REVERSI
  10. 23ワード
  11. NO.1
  12. 7日目の決意
  13. 別世界
  14. BABY BORN & GO
  15. 6つの風
  16. 〜Born Slippy
  17. 〜UNKNOWN ORCHESTRA
  18. 7th Trigger
  19. ナノ・セカンド
  20. <ENCORE>
  21. MONDO PIECE
LAID BACK OCEAN × UVERworld プロフィール
UVERworld プロフィール

様々な音楽ジャンルを融合し独自の表現に昇華する、ミクスチャー・ロック・バンドの雄、UVERworld。TAKUYA∞(vo、programming)、克哉(g,cho)、彰(g,cho)、信人(b)、真太郎(ds)という滋賀出身の5人によって02年に結成され、05年にシングル「D-tecnolife」(TVアニメ『BLEACH』主題歌)でメジャー・デビューを果たした。この曲はオリコン4位を記録するなど、新人バンドとしては異例の大ヒットとなり、世間の注目を一気に集めることとなった。06年リリースの4thシングル「Colors of the Heart」は人気アニメ『BLOOD+』主題歌、5thシングル「SHAMROCK」はTVドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』主題歌と、TV番組のタイアップ・ソングが多いのも彼らの特徴。
ロック・アンサンブルを基本としつつ、ラップやスクラッチ、ヒューマン・ビート・ボックスなどのヒップホップ的要素や、ヘヴィーなギター・リフなどを織り交ぜたそのサウンドは一筋縄ではいかない。5人の伊達男たちによる痛快なまでのその音楽世界は、10代の若者を中心に絶大な支持を集めている。UVERworld オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着