【Pay money To my Pain】『From he
re to somewhere』2013年12月30日 a
t Zepp Tokyo

取材:荒金良介

 まさかここまでK(Vo)の死を、不在を、悲しみを真正面から見据えたライヴになるとは想像しなかった。だが、ライヴ終了後、雨雲だらけの心に一条の光が射してきた。PTPとしての活動休止を告げる、けじめのステージはヒストリー映像とライヴの2部構成で行なわれた。

 1時間に及ぶフィルムが終わり、ようやく白幕にメンバーのシルエットが映り、中央には両手を広げたKの影が! しかし、幕が降りるとPABLO(Gu)、T$UYO$HI(Ba)、ZAX(Dr)の3人がスクリーンの中で歌うKとともに演奏を開始。激しく暴れ回る者と戸惑いを隠せない者と観客の反応は二分していた。選択肢としてはゲストヴォーカル陣を呼び、お祭りムードを演出することも可能だったはず。けれど、Kの魂とともにバンドの区切りを付けたかったに違いない。そう分かりながらも曲が進むにつれ、Kはそこにいないという現実に胸をえぐられていく。中盤、かつてKがSHIBUYA-AXで訴えたMCがここで流される。“‘STAY REAL’とは、‘そのままでいてください’ってこと。そのひと言が言いたいツアーだった”という主旨で、これは現場で聞いた時も印象深かったのでよく覚えている。

 後半、メンバーひとりずつ涙交じりに言葉を発すると、嗚咽した歓声が飛び交う。それから“Kに届けー!”とPABLOが叫び、ラスト数曲を歌なしの楽器陣3人だけで演奏すると、会場は息を吹き返したように大熱狂。まるで悲しんでばかりの姿をKに見せられないとばかりに。PTPはKのメッセージを貫徹した。現実を直視する強い精神という意の“STAY REAL”を、天国まで轟かせた。

セットリスト

  1. Sweetest Vengeance
  2. Here I'm singing
  3. Drive
  4. Deprogrammer
  5. Wallow in self pity
  6. The answer is not in the TV
  7. Gift
  8. Weight of my pride
  9. Pictures
  10. Home
  11. Rain
  12. Another day comes
  13. This Life
  14. Greed
  15. The sun, love and myself
  16. Black sheep
  17. Paralyzed ocean
  18. Against the pill
Pay money To my Pain プロフィール

04年09月11日に結成された4人組ロック・バンド、Pay money To my Pain。バンド名が長いためP.T.P.と略されることが多い。現メンバーは、K(vo)、Pablo(g)、T$UYO$HI(b)、ZAX(dr)の4人。08年4月に脱退したJIN(g)は、現在High Speed Boyzのヴォーカルとして活動中。

Kの詞と声は人の痛みに浸透しジャンルを超えた存在感を放つ。一見クールな表情に見えるが、自由奔放・天真爛漫な面とナイーヴな面を持ち合わせた、人の心を掴んで離さない魅力を持っている。日本とスペインのハーフであるPabloは、DREAMS COME TRUEのレコーディングやOBLIVION DUSTやFake?などのサポートを務めている。バンドのまとめ役であるT$UYO$HIは、Def Techや安室奈美恵のアリーナ・ツアーのサポートも務める。バンドを精神面でも鼓舞するダイナモであるZAXは、破壊力とスキルに満ちながら聴き手の心を揺さぶるドラマーである。

06年12月に<VAP>より、1stEP「Drop of INK」でメジャー・デビュー。07年9月には1stアルバム『Another day comes』をリリース。日本テレビ系ドラマ『ザ・クイズショウ』主題歌「Paralyzed ocean」などタイアップ曲を3作品含む本作では、アグレッシヴ且つメロディアスなバンド・サウンドと、Kの表現力に溢れる卓越したヴォーカルで、瞬く間に彼らの名前が知れ渡ることとなった。08年4月に春フェス『PUNK SPRING 2008』へ出演。この東京公演を最後にJIN(g)が脱退。同年7月、JIN脱退後初の作品となる2nd EP「Wrinting in the diary」をリリース後、『SUMMER SONIC 08』へ出演。マキシマム ザ ホルモンのツアーへのゲスト参加やRIZEとの2マン・ライヴを開催した。

09年5月に、日本テレビ系アニメ『One outs』オープニング・テーマとしてオンエアされた先行配信シングル「Bury」を含む2ndアルバム『after you wake up』を引っさげ、全国ツアー『1st ride Tour』を開催。8月には『SUMMER SONIC 2009』『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO』へ参戦し、RIZEとの全国9ヶ所を廻る2マン・ツアーも成功させた。そして10年6月、3rd EP「Pictures」を発表。ロックを基盤としたミクスチャー・サウンドに、ヴォーカルにデスボイスを取り入れた独自の音楽スタイルを確立している。公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』