【阿部真央】『阿部真央らいぶNo.5』
2013年12月16日 at 東京国際フォーラ
ム ホールA

撮影:笹原清明/取材:高良美咲

 7月から8月にかけて全国を回ったアコースティックツアーでは、ひとりでステージに立っていた阿部真央。そのツアーでの凛とした立ち姿も実に見事だったが、この日のライヴはそれによって培われた歌声、ギターのプレイ、パフォーマンス全てに目が釘付けにされた。

 8月に発売されたアルバム『貴方を好きな私』の幕開けと同じく、「HOPE」からスタート。伸びやかな歌い出しがまさに走り出しに相応しく、初っ端から会場はヒートアップ。さらに、定番の「ふりぃ」ではイントロが鳴った瞬間に大歓声が起こる。会場に響き渡る掛け声に嬉しそうな笑顔を見せ、さらに煽る阿部真央。一転して、弾き語りの「どこ行った?」では、女の可愛さとその奥の本心を見事に歌い上げ、続く「いつの日も」でもアコースティックギター一本で一途な乙女心をダイレクトに響かせた。

 しなやかな歌声を響かせたあとは“タオルはお持ちですか?”と「loving DARLING」でステージを駆け回り、タオルを振り回す。さらに、「モットー。」ではバンドのメンバーとギタープレイ対決をしたり、アグレッシブな面も見せ付け、会場は熱の高まった観客のジャンプによってずっと揺れていた。また、アンコールの「返して」では真っ暗なステージ上にメンバー全員がカラフルに光る眼鏡を着用し現れるというEDMサウンドの世界観をさらに際立てる演出に、彼女の多彩さを改めて実感させられたことも特筆すべきところ。

 そんなライヴは過去最大規模の会場だったが、会場が一体になる場面が多く、アコースティックツアーでの経験を積んだからこそできる迷いのないプレイに力強さを感じた。そして、来年10月に日本武道館でライヴを行なうことも発表。5周年を迎える阿部真央の次なるステージに期待は高まるばかりだ。

セットリスト

  1. HOPE
  2. 未だ
  3. マージナルマン
  4. ふりぃ
  5. じゃあ、何故
  6. それ以上でも以下でもない
  7. 怖い話
  8. 貴方が好きな私
  9. どこ行った?(弾き語り)
  10. いつの日も(弾き語り)
  11. 最後の私
  12. 天使はいたんだ
  13. Will you save me
  14. loving DARLING
  15. boyfriend
  16. 伝えたいこと
  17. モットー。
  18. I wanna see you
  19. 愛してる
  20. <ENCORE1>
  21. 返して
  22. ロンリー
  23. <ENCORE2>
  24. 母の唄(弾き語り)
阿部真央 プロフィール

アベマオ:1990年1月24日生まれ、大分県出身。06年、高校2年生の時に『YAMAHA TEENS' MUSIC FESTIVAL』の全国大会で奨励賞を受賞。09年1月にアルバム『ふりぃ』でデビュー。感情的なアコギで押し出す、等身大でリアルな歌詞、表現力豊かなヴォーカル、バラエティーに富んだ楽曲、同世代の女性を中心に、幅広い層から注目と共感を集める。14年10月にデビュー5周年を記念して初の日本武道館公演を開催。16年5月、産休明け第一弾シングル「Don’t let me down」で完全復活を果たし、デビュー10周年となる19年1月にはベストアルバム『阿部真央ベスト』を発表し、2度目の日本武道館公演を成功させた。阿部真央 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着