【AI】『MORIAGARO TOUR 2013』2013
年12月18日 at 日本武道館

撮影:岸田哲平/取材:金澤隆志

 全国33公演で総計7万人を動員した『MORIAGARO TOUR 2013』もいよいよ千秋楽。震えるほどの冷たい雨に見舞われた日本武道館だが、会場内はそんなことどこ吹く風と、開演前から熱気に満ちあふれている。

 定刻を過ぎ暗転。ステージ後方に巨大な“MORIAGARO”の文字が煌々と浮かび上がり、AIが蛍光色のLEDに彩られたBMXに乗って颯爽と登場。曲はいきなり必殺技の「MORIAGARO」。AIが客席にマイクを突き出す度に“MORIAGRO! MORIAGARO!”と場内が波を打つ。「TOP OF THE WORLD」「E.O.」「Don't Turn Me Off」とスピード感を増してきたところで、衣装を変えてクールダウン。会場の1階スタンド席で観ていた家族に向けた「Family」、そして最愛の母に向けて歌った「ママへ」では、思わず声が詰まる瞬間も。場内を見回すと、みんな目を濡らしている。ハイライトのひとつは、盛りだくさんな豪華ゲストたちの登場。「After The Storm」ではシェネルと息の合ったデュエットを熱く聴かせ、アンコールでライヴ初披露されたReebokのCMソング「RUN FREE」では、加藤ミリヤとVERBALが登場し、この夜最大の歓声に包まれた。そんな高揚感に包まれたまま「ハピネス」で、ピースフルにラストを迎えた。

 ステージを降りる最後の瞬間、それまで必死に堪えていた涙が、堰を切ったようにAIの瞳からあふれ出たのが分かった。AIのシンガー、パフォーマーとしての実力が存分に発揮された2時間半。会場の全員に笑顔と温かい気持ちをくれたのは、彼女の飾らない人柄、そして人間力に違いない。

セットリスト

  1. MORIAGARO
  2. TOP OF THE WORLD
  3. E.O.
  4. Don't Turn Me Off
  5. YOU ARE MY STAR
  6. Family
  7. ママへ
  8. Piano Interlude
  9. 〜GOTTA GET MINE
  10. My Baby
  11. Guitar Solo
  12. 〜Still...
  13. I Wanna Know
  14. Piano Solo
  15. 〜Voice
  16. FOR YOU
  17. After The Storm(feat.シェネル)
  18. Wavin’Flag
  19. My Page
  20. Get Up
  21. Once In A Life Time
  22. Golden Mic
  23. Uh Uh
  24. INDEPENDENT WOMAN
  25. HANABI
  26. Sogood
  27. <ENCORE>
  28. Story
  29. RUNFREE(AI+加藤ミリヤ+VERBAL)
  30. ハピネス
AI プロフィール

00年にデビューを果たしたバイリンガルのソウル・シンガー、AI。彼女は何事に臆することもなく、ドッシリと腰をすえた、芯の通ったソウルフルな歌声を聴かせる“美しき才媛”である。さらに、ミッシー・エリオットにも通じるような粘着質の強いテクニカルなラップまでも披露するのだから、“比類なき才能の持ち主”とも言えるだろう。
AIはそのサウンド面において、R&B特有の美しいメロディにJポップのテイストを巧妙に盛り込ませ、ブラック・ミュージック・リスナー以外へのアピールも図っている。多様なヴァラエティを持つトラック群を余裕タップリに乗りこなせるのも、彼女の歌唱スキルの高さゆえだろう。もはや、彼女からはヴェテランの風格すら漂っているようにさえ思える。その詩才(リリカル・センス)もなかなかのものだ。
作品としても順風満帆にリリースを重ねているAI。リリースするごとに、その声はより厚みが増し、艶が増し、オーラが増し、それに呼応するかのように、セールスやファンが彼女に向ける熱意の値もどんどんと増してきている。AIはいったいどれだけ大きくなろうとしているのだろう? そのポテンシャルはあまりに深く、計り知れない。AI オフィシャルHP(アーティスト)
AI オフィシャルHP(レーベル)
Twitter
Twitter(サブ)
Facebook
YouTube
Instagram
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着