【KANA-BOON】『東阪ワンマンライブ
「僕がステージに立ったら」』2013年
11月4日 at 渋谷CLUB QUATTRO

撮影:TEPPEI/取材:田中 大

 オープニングを飾った「1.2. step to you」によって、一気に全力で踊る観客の熱気で激しく揺れたフロアー。“3枚しかリリースしていないので、3枚分の曲全部やるから!”という谷口 鮪(Vo&Gu)の宣言通り、その後も次々と彼らの足跡を彩ってきた強力なナンバーの演奏が続く。

 飯田祐馬(Ba)が自作の紙粘土製のピカチュウを突然取り出して観客を沸かせるなど、MCタイムも予想がまったくつかない楽しい場面ばかりであった。猛烈なタテノリのダンスを巻き起こした「盛者必衰の理、お断り」。《ゆらゆらゆらゆら 僕の心》というフレーズを谷口が観客と掛け合いをしながら歌ったあと、古賀隼斗(Gu)、飯田、小泉貴裕(Dr)も素朴な歌声を響かせた「ないものねだり」を経ていよいよ佳境。“この曲をやることで作った当時の僕の夢、約束が果たせます”と谷口が言い、本編ラストに披露したのは「眠れぬ森の君のため」。メジャーデビューをして今日のステージへと辿り着いたKANA-BOONの姿と鮮やかにリンクしながら響いたこの曲は、メンバーたちにとってはもちろん、あの場にいた全ての人にとっても忘れられないひと時となったはずだ。

 瑞々しいメロディーに満ちた「さくらのうた」。頭上で両手を打ち鳴らしながら盛り上がる観客のエネルギーが凄まじかった「A.oh!!」。アンコールで2曲を演奏してライヴは終了。“初めてのことをやっていいですか?”と、照れつつもつなぎ合った両手を掲げてからステージをあとにした4人を、人々の拍手が見送る。とても清々しいエンディングであった。

セットリスト

  1. 1.2. step to you
  2. ワールド
  3. ストラテジー
  4. クローン
  5. MUSiC
  6. 東京
  7. 白夜
  8. ウォーリーヒーロー
  9. 見たくないもの
  10. 目と目と目と目
  11. かけぬけて
  12. 羽虫と自販機
  13. ハッピーエンド
  14. 夜をこえて
  15. 盛者必衰の理、お断り
  16. ないものねだり
  17. 眠れぬ森の君のため
  18. <ENCORE>
  19. さくらのうた
  20. A.oh!!
KANA-BOON プロフィール

カナブーン:大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催された『キューン20イヤーズオーディション』にて4,000組の応募者の中から見事優勝し、13年9月に1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。14年8月には地元大阪で野外凱旋ライヴを行ない、デビューから1年足らずでありながら16,000人超を動員。15年には大阪城ホールと日本武道館での単独公演を、16年には初の海外公演を含む全21公演の全国ツアーを敢行し大成功を収めた。そして、18年にメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたる5リリース・5イベントを企画し、現在遂行中!KANA-BOON オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着