【やなぎなぎ】『やなぎなぎ 1st a
lbum発売記念ワンマンライブツアー「
エウアル」』2013年10月20日 at SHI
BUYA-AX

撮影:松本孝之/取材:桂泉晴名

 やなぎなぎ初のワンマンライヴツアー。白い衣装で登場し、春の訪れに胸を躍らす楽曲「ユキトキ」からスタート。1stアルバム『エウアル』の収録順にカバー曲を織り交ぜ、前半は明るく軽快な楽曲を中心に披露していく。鈴の音のような歌声が心地良い。ステージ前方に紗幕を下ろして蝶々や少女のアニメーション映像を映したり、朗読のコーナーを入れたりと、曲の世界観をさらに広げる試みもたっぷり。

 “表から裏へ 裏から表へ”という同アルバムのコンセプトにちなみ、後半は黒い衣装にチェンジ。激しいバンドサウンドの「ラテラリティ」といった楽曲を立て続けに繰り出していく。“こんなにたくさんの方が集まって、私の音楽を感じてくれるのがすごく嬉しい”と、感謝の思いをファンに伝える彼女。温かくやさしい気持ちに満ちたツアー初日となった。

セットリスト

  1. 〜本当〜
  2. ユキトキ
  3. 青のパレード
  4. concent
  5. helvetica
  6. Ambivalentidea
  7. 1/2
  8. light prayer
  9. 水中メガネ
  10. Swallowtail Butterfly~あいのうた~
  11. 〜朗読〜
  12. euaru
  13. Zoetrope
  14. ラテラリティ
  15. ストレンジアトラクター
  16. クオリア
  17. トランスルーセント
  18. ビードロ模様
  19. <ENCORE>
  20. アクアテラリウム
  21. 星々の渡り鳥
  22. 深遠
やなぎなぎ プロフィール

ヤナギナギ:2006年からライヴハウスやインターネット上で音楽活動を開始。12年2月にTVアニメ『あの夏で待ってる』EDテーマ「ビードロ模様」でメジャーデビュー。繊細な声質と印象的な楽曲の世界観で、活躍の場を広げている。13年7月リリースの1stアルバム『エウアル』はオリコンウィークリーチャート初登場4位を記録。13年10月には1stアルバム発売 記念ワンマンツアー『エウアル』、翌14年1月から2月にかけて『エウアル』アンコールツアーを開催した。やなぎなぎ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」