【FUZZY CONTROL】『10th Anniversa
ry party 〜ROCKS〜』2013年10月6日
at ZEPP TOKYO

取材:清水素子

 壮大にグルーブするインスト曲「ROCKS」から、“Are you ready to ROCK!?”というJUON(Vo&Gu)の煽りで「The way you decide」に雪崩れ込むと、熱い衝動が一気に爆発する——。結成10周年を迎え、アルバム『ROCKS』で自らの原点に立ち返ったFUZZY CONTROLの節目となる全国ツアーの初日は、まさしくロックの様式美を踏襲した展開により、その火蓋を切って落とした。続く「“wise”」ではJOE(Ba)もSATOKO(Dr)もコーラスを重ね、バンド一丸となってフロアに対峙。そこで釘付けになるのは圧倒的な音圧と、もちろん隙のない演奏である。パワフルかつテクニカルなドラミングを、楽しそうな笑顔で軽々と放つSATOKO。リズミカルにうねるベースラインでサウンドを牽引し、身軽なアクションでも魅せるJOE。さらに、パッションを具現化したような声で歌い叫ぶJUONは、時にやさしく囁きかけて、恐ろしく素直に喜怒哀楽をぶつけていく。それは硬軟自在に変幻するギタープレイも同じこと。“みんなの熱いハートを感じてます。気を抜くと涙が出そう”と語る彼の真っ直ぐな人と成りは、ステージの上でこそ120パーセント発揮されるのだ。「What are u waiting for?」では、曲が持つ激しさと美しさを多彩色に瞬くライティングが引き立て、高揚感とともに大きな感動で場内を席捲。“いい音楽やって、いいもの観せて、いい空間を分かち合うという当たり前のことを、精度を上げて届けていきたい”と宣言したJUONの言葉を実現すべく、11月24日の梅田CLUB QUATTRO まで、彼らは飽くなきロック道を追求し続けていく。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
FUZZY CONTROL プロフィール

ファジー・コントロール: ロックの王道を行くダイナミックな楽曲が特徴で、3ピースとは思えないエネルギッシュなライヴパフォーマンスが最大の魅力。メンバー個人のスキルが圧倒的であり、ミュージシャンからの評価が高いいわゆる”ミュージシャンズミュージシャン”との異名を持つ。数々のミュージシャンのツアーサポートを始め、SATOKOは執筆活動にも挑戦するなどバンド以外の活動も精力的に行なう。FUZZY CONTROL Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。