【Hilcrhyme】『Hilcrhyme TOUR NDN
W -NEW DAY,NEW WORLD-』2013年10月
6日 at NHKホール

撮影:駒井夕香/取材:石田博嗣

 ラストナンバーに入る前にTOC(MC)が放った“次なる丘へ、みんなで行きたいと思います”という言葉。それはニューシングル「NEW DAY,NEW WORLD」のタイトルを冠に掲げた今ツアーのテーマであり、今のHilcrhymeのモードを物語っている。最初のMCでも“新しい一日、新しい世界に行くための準備”と語り、ライヴ中に何度も“今までの集大成”と口にしていたが、今一度ここで足場を固めるように、ファンと思いを共有するように、1stアルバム『リサイタル』から最新アルバム『LIKE A NOVEL』までの新旧さまざまな楽曲が披露されていく。そこにはTOCとDJ KATSUの意思表明だったり、アイデンティティを誇示する楽曲もあれば、観客がシンガロングするグッドメロディーもあり、改めてHilcrhymeというユニットの真摯な姿勢やブレない音楽性を実感した。そんな中、“次”を見せたのがゲストとのコラボ。東京公演のみのスペシャルとしてヒューマンビートボクサーのHIKAKINを迎え、TOCのラップとのバトルで「Technical」をスリリングに聴かせると、今度はフィーチャーするかたちで「トラヴェルマシン」を披露し、その貪欲なチャレンジと、新たな可能性で会場を沸かせた。さらに、終演後にも会場を沸かせるアナウンスが! 来年4月に全国ツアーが決定したことが発表されたのだ。今ツアーは全公演がソールドアウトとなり、ここNHKホールには3800人が集まった。そこには確実にステップアップしているHilcrhymeの姿があったわけだが、4月のツアーは本数も会場規模も大きくなっている。それが彼らが指し示す“次なる丘”への第一歩となることは想像に容易いだろう。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
Hilcrhyme プロフィール

ヒルクライム:MCのTOCとDJ KATSUによるラップ・ユニット。2006年始動。09年7月15日にシングル「純也と真菜実」でメジャーデビュー。2ndシングル「春夏秋冬」が大ヒット、人気を不動のものとし、その年の各新人賞を総ナメ。そして、デビュー5周年となる14年には9月に初の日本武道館公演を大成功させた。ブレることなく、地元新潟に在住しながら音楽活動を続け、16年6月9日に結成10周年を迎え、17年3月には10周年記念特別公演『朱ノ鷺二〇一七』を成功させた。Hilcrhyme オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』