【グッドモーニングアメリカ】『未来
へのスパイラルツアー 2013』2013年
10月5日 at Shibuya O-EAST

撮影:大参久人/取材:高良美咲

 心の中の苦悩や葛藤もキャッチーで疾走感のあるメロディーに乗せ、綺麗事だけじゃない身近に感じるリアルさが心を躍らせる。そんなグッドモーニングアメリカのメジャー1stフルアルバム『未来へのスパイラル』ツアー最終日。会場は熱気にあふれ、突き上げた腕を休ませる暇もなくジャンプ! その光景を見て、“こんなにたくさんの仲間がいる”と渡邊幸一(Gu&Cho)が語り、披露された「餞の詩」がいつも以上に胸に染みた。MCではたなしん(Ba)の合図でお決まりの“ファイヤー!”を全員で叫んだり、たびたび巻き起こる大合唱など会場がひとつになる場面が多いのは、彼らのファンへの想いが強く、また、ファンもその気持ちを受け止めているからなのだろう。来年のツアーでもたくさんの笑顔を届けてくれるに間違いない。

セットリスト

  1. 突破していこう
  2. キャッチアンドリリース
  3. タイムスリップしたみたいに
  4. だけど不安です
  5. バンバンガンガン
  6. 光となって
  7. 風で高く舞い上がれる程
  8. マリオネット演者ノ詩
  9. ファイティングポーズ
  10. 心臓抉って
  11. ロールプレイングゲーム
  12. ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
  13. 言葉にならない
  14. ミサイルをぶちかましてぇな
  15. 輝く方へ
  16. 餞の詩
  17. くだらない毎日が
  18. 未来へのスパイラル
  19. <ENCORE>
  20. たった6文字じゃ
  21. そして今宵は語り合おう
  22. <ENCORE2>
  23. あなたに逢えて
  24. 空ばかり見ていた
グッドモーニングアメリカ プロフィール

グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。15年11月には初の日本武道館公演を成功させ、18年はバンド結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』を打ち立て、さまざまな企画にトライしている。グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着