【ハルカトミユキ】『ハルカトミユキ
 プレゼンツ「進撃の小さな巨人」』
2013年9月26日 at 渋谷eggman

撮影:Junichi Omuro/取材:高橋美穂

 ハルカトミユキの自主企画イベント、その名も『進撃の小さな巨人』。大勢のオーディエンスが詰めかける中、まずはハルカトミユキがオンステージ。サポートメンバーと共に静かに現れ、始まったのは「ナイフ」。豊かな感情でブレないメロディーを歌い上げるハルカに、早々に惹き付けられてしまった。彼女たちのライヴは、とにかく無駄がない。ミユキのキーボードは多彩だが、音も、表情も、MCも、削ぎ落とされて本当に大切なことだけが伝わってくるのだ。それが極まったのが、中盤にふたりきりで演奏した時。特に“平和ボケした、あなたと私に贈る歌”というハルカの言葉から始まった「絶望ごっこ」には、ヒリヒリと胸が痛くなった。その一方で、ミユキがほのぼのと、自宅のドアに大家さんから苦情を貼られた話をして“今日は発散したいと思います!”と言うと、ハルカが“発散しちゃダメだよ、反省しなきゃ”と諭した場面も、素が表れていて面白かった。ラストはインディーズ時代から歌い続けている名曲「Vanilla」で締め括った。
 ハルカトミユキの流れを汲んでか、ゲストに迎えたsleepy.abも、いつも以上にグルーブがずっしり響いてきた。山内憲介の多彩なギターは、楽器こそ違えどミユキに影響を与えたことを感じさせる。成山剛(Vo&Gu)は“前に会った時は、お互い緊張してて話せなかった”と言っていたけれど…アンコールでは、そんな両者がsleepy.abの「ねむろ」を共演! ハルカトミユキが“sleepy.abの「メロディ」をカバーしたことがある”と言えば、sleepy.abは“いつもセッションは断っていたけれど、ハルカトミユキなら共有できるものがある”と言う。そんな両者だから生み出せた、心地良い空気を浴びることができた。

セットリスト

  1. 【ハルカトミユキ】
  2. ナイフ
  3. ニュートンの林檎
  4. マネキン
  5. グッドモーニング、グッドナイト
  6. 絶望ごっこ
  7. Mosaic
  8. シアノタイプ
  9. Vanilla
  10. 【sleepy.ab】
  11. アンドロメダ
  12. インソムニア
  13. 四季ウタカタ
  14. 夢の花
  15. ハーメルン
  16. sonar
  17. suphoria
  18. <ENCORE>
  19. ねむろ w/ハルカトミユキ
sleepy.ab プロフィール

札幌の大地が育んだ独自の世界観を持つバンドsleepy.ab(スリーピー)。メンバーは成山剛(vo&g)、山内憲介(g)、田中秀幸(b)、津波秀樹(dr)の4人。接尾語の“ab”が示す通り、“absolute”=抽象的で曖昧な世界がトラックやリリックに浮遊している。成山らが紡ぐ美しく繊細なメロディ、山内の変幻自在の空間プレイ、田中と津波の確かな素養に裏付けされた強靭なボトム、この唯一無二のサウンド・スケープが4人の“absolute”な音世界を既に確立している。

札幌でマイペースに活動しながら、『RISING SUN ROCK FESTIVAL』をはじめとする数々のフェスにも出演を重ね、彼らの音楽に魅了されたアーティストも少なくない。そんな中、09年11月に<ポニーキャニオン>よりアルバム『paratroop』で遂にメジャー・デビューを果たす。聴いた人の心を掴んで離さないスリーピーワールドは、まるで眠りにつく時のように気持ちがリセットされる感覚に陥るはず。彼らの作品を聴いていると透き通った空気の季節が待ち遠しくなる——そんな音楽を奏でている彼らは他のバンドとは一線を画している。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)

ハルカトミユキ プロフィール

ハルカトミユキ:2012年終盤に突如現れた、歌人・ハルカと奇人・ミユキのふたり組。どこまでも言葉にこだわる時代錯誤の文藝少女のハルカと、ノイズとジャンクで踊る愛すべきフリークスのミユキ、ふたりの決して交わらないねじれの位置が生み出す音楽は、インディー流通でありながら鮮烈な印象を残し、13年11月にアルバム『シアノタイプ』でメジャーデビューを果たす。ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカ オフィシャルTwitter
ミユキ オフィシャルTwitter
ハルカトミユキ オフィシャルFacebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着