【SADS】『LIQUID ROOM 9TH ANNIVER
SARY presents』2013年8月3日 at LI
QUID ROOM ebisu

取材:山本弘子

 この夏、約1年振りの東名阪ツアーを行なったSADSの今年最後のライヴはLIQUID ROOM ebisuの9周年を祝うスペシャルエディション。オープニングナンバーは「EVIL」。右手にマイク、左手にタバコを持ち、K-A-Z(Gu)、クボタ(Ba)、GO(Dr)が鳴らすゴリゴリにラウドでストイックなサウンドをモノともしない声量とキレのあるヴォーカルで会場の空気を一瞬にして持っていってしまう清春の存在感はやはりハンパない。“今年で最後のSADS なので…。リキッドルーム9周年おめでとうございます。来年が10周年、呼ばれなかったらどうしよう(笑)”とジョークを飛ばして笑わせるMC(毒舌も含め)は変わらないが、その歌から放たれる熱量、徹底した美学に貫かれたパフォーマンスは説得力を増している。高速ヘヴィチューンを破壊的かつクールに歌い切るカッコ良さに興奮マックスになったフロアーはダイブ続出。「DISCO」「ナイトメア」「MAKING MOTHER FUCKER」「ロザリオと薔薇」には“キターッ!”とばかりの太い歓声が上がり、復活以前の楽曲も今のSADSのタフネスと色気が感じられるアプローチで響かせた。アンコールは3回にも及び、清春は“これからは黒夢になっていくので、SADSは一旦止まりますけれど…”と、9月6日のZepp DiverCity Tokyoと、14日の大阪のZepp Nambaを皮切りに再始動する黒夢のことについても触れた。ライヴが終了した後はステージ上でハグし合っていた4人。それは強力なメンバーたちと刺激し合ったからこそ向かう次なるステップなのかもしれない。「Liberation」の歌詞のフレーズのように、過去も未来も忘れてしまいそうになるぐらい“無”になれた最高の夜だった。 

セットリスト

  1. evil
  2. Hate
  3. weekend in the lust
  4. Paint You
  5. See A Pink Thin Cellophane
  6. Androgyny Insanity
  7. SPIN
  8. GRAVE
  9. DISCO
  10. FREEZE
  11. MAKING MOTHER FUCKER
  12. ナイトメア
  13. FOR YOU
  14. ロザリオと薔薇
  15. WHITE HELL
  16. AMARYLLIS
  17. <ENCORE>
  18. WASTED
  19. Because
  20. THANK YOU
  21. <ENCORE2>
  22. GOTHIC CIRCUS
  23. SANDY
  24. Liberation
  25. <ENCORE3>
  26. LIAR
  27. CRACKER'S BABY
sads プロフィール

絶大なる人気を誇った「黒夢」のカリスマ・ロック・シンガー清春が、ユニット解散後すぐさま始動させたのがこのSADSである。99年、シングル「TOKYO」にて衝撃的デビュー。パンク・ロック風の荒削りなサウンドのなか清春特有のカラミつくようなシャウトが光る本作は、ビッグ・セールスを記録した。同年には、1stアルバム『SAD BLOOD ROCK'N'ROLL』を発表。「TOKYO」における作風を踏襲したワイルド&ポップな仕上がりに。特に、若者の傷つきやすい心を代弁したかのような詞世界は、多くのティーンエイジャーのハートに響きわたった。その後も、「赤裸々」「忘却の空」など、大ヒットを連発していく。また、ひとつのスタイルに収まらず、『THE ROSE GOD GAVE ME』(01年)ではダーク&ヘヴィなサウンドを呈示するなど、新境地の開拓にも余念がない。
数々のストリート系ファッション誌の表紙をかざり、自身もブランド運営を行うなど、清春のファッション・リーダー的な側面も人気に一役買っていると言えるだろう。オフィシャルサイト
オフィシャルサイト
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着