【GOING UNDER GROUND】『GOING LIV
E PREMIUM “SONG CRUISING”~ロッ
クンロールに出会った日~』2013年7
月20日 at Mt.RAINIER HALL SHIBUYA
PLEASURE PLEASURE

撮影:徳之島 与志/取材:石田博嗣

 各公演ごとにテーマを掲げ、3カ月に渡って2ディズずつ行なわれるマンスリーライヴの初日。“ロックンロールに出会った日”と題して組まれたセットリストには、ロックンロールのことを歌った楽曲が並び、まさにロックの初期衝動の再現! 松本素生(Vo&Gu)も“今日は歌ってて心がエモくなる、楽しくなるセットリスト”と言っていたが、とにかくバンドでのプレイを心底楽しんでいるメンバーの姿が印象深い。当然、その気持ちは客席にも伝染し、「マンガライフ」の痛快なビートに合わせて手を振り、「Holiday」の弾けたサウンドにタオルを振り回し、この日のメイン楽曲とも言える「LONG WAY TO GO」で大合唱する観客。その場に居た全ての者が満面の笑顔となって、ロック少年・少女に戻っていたことは言うまでもないだろう。このシリーズ企画、次回も楽しみにしている自分がいる。

セットリスト

  1. ミラージュ
  2. あの犬
  3. リバーズエッジ
  4. さびしんぼう
  5. 愛をちょうだいな
  6. 9th Route
  7. 暗夜行路
  8. 全ての音楽が鳴り止んだ後に
  9. RIDE ON
  10. 1+1
  11. マンガライフ
  12. RAW LIFE
  13. Title
  14. メタルジャガー
  15. ナカザのロック☆
  16. Holiday
  17. LONG WAY TO GO
  18. <ENCORE1>
  19. 名もなき夢 ~煩悩青年とワーキング・ママ~
  20. Shining
  21. <ENCORE2>
  22. カモメトゥモロー
GOING UNDER GROUND プロフィール

ゴーイング・アンダー・グラウンド:中学1年生の時にTHE BLUE HEARTSに憧れ、幼馴染み同士で母体となるバンドを結成。1998年にミニアルバム『Cello』でインディーズデビューし、2001年にはシングル「グラフティー」でメジャー進出。09年に伊藤洋一(Key)が、15年に河野丈洋(Dr)が脱退したものの、3人でバンド活動を再始動させ、16年8月にアルバム『Out Of Blue』を発表した。GOING UNDER GROUND オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着