【凛として時雨】『凛として時雨 TO
UR 2013“Dear Perfect”ONEMAN LIV
E at 日本武道館 〜10th Tornado An
niversary〜』2013年6月28日 at 日本
武道館

撮影:河本悠貴/取材:岡本 明

 最新アルバム『i’mperfect』のツアーファイナルであり、さらには結成10周年を記念しての初の武道館ワンマンライヴでもある。頭上にアーチ形のセットがある以外は極めてシンプルなステージセット。その分、ふんだんに降り注ぐライティングが彼らのサウンドを効果的に広げていく。1曲目の「abnormalize」から、激しさと美しさを備えたサウンドがまっすぐに突き刺さる。緊張感とともに感情があふれ出すような瞬間を何度も迎えるTKのヴォーカルとギター。歌に込めた想いを一直線に届ける345のヴォーカルとベース。細かいブレイクを交えながらもバンドの大きなグルーブを生み出すピエール中野のドラム。3人のコンビネーションが次々と最高の場面を生み出し、「Sitai miss me」「キミトオク」で前半のピークを迎える。
 中盤で恒例となったピエール中野の爆笑MCタイム。当日の武道館入りの話や台湾公演での現地ミュージシャンとのセッションの話をはじめ、いろいろな方向へ話題が飛ぶ。そこからお約束のコール&レスポンス、ドラムソロへとつなぎ、後半の「illusion is mine」へと高めていく。ここからはヒリヒリとした歌とサウンドが容赦なく耳を襲う場面の連続だ。ほとんど途切れることなく心地良い轟音サウンドが続き、「テレキャスターの真実」「Telecastic fake show」といったナンバーで途轍もない高まりを見せる。そして、「am3:45」のスケール感で圧倒。オーラスの「Missing ling」に至るまで、彼らの現在形を生々しく切り取ったライヴは、オーディエンスに鮮やかな感動を残してくれた。

セットリスト

  1. abnormalize
  2. JPOP Xfile
  3. MONSTER
  4. Metamorphose
  5. I was music
  6. DISCO FLIGHT
  7. O.F.T
  8. make up syndrome
  9. Filmsick Mystery
  10. Sitai miss me
  11. キミトオク
  12. illusion is mine
  13. Beautiful Circus
  14. 想像のSecurity
  15. テレキャスターの真実
  16. Telecastic fake show
  17. nakano kill you
  18. am3:45
  19. Missing ling
9mm Parabellum Bullet/凛として時雨 プロフィール
TK from 凛として時雨 プロフィール

圧倒的なライヴ・パフォーマンスと確かな演奏力で絶大なる支持を誇る3ピース・ロック・バンドの凛として時雨で、全作曲作詞、エンジニアを担当するブレーンであり、ヴォーカル&ギターのTK(Toru Kitajima)のソロ名義。2011年に突如ソロ・デビューを宣言し、4月にソロでの処女作となるPHOTO BOOK+DVD『film A moment』を発表。以降、シングル、アルバムを精力的にリリースしながらライヴ活動も行っている。2020年4月15日に多彩なコラボレーターを迎えて制作した4thアルバム『彩能』を発売、同年4月からは『TK from 凛として時雨 彩脳 TOUR 2020』を開催。凛として時雨の活動をこなしながら、ソロでのバンド・スタイルを模索し続けている。TK from 凛として時雨 オフィシャルHP

凛として時雨 プロフィール

要注目の轟音ツイン・ヴォーカル・トリオ。
02年にTK(gt&vo)、345(ba&vo)、ピエール中野(dr)が埼玉でバンドを結成。05年に自主レーベル<中野レコーズ>を立ち上げ、1stアルバム『♯4』をリリースした頃からじわじわと人気が広がり、<COUNTDOWN JAPAN 06/07>に出演したことでその人気は全国区に。さらに、08年<FUJI ROCK FESTIVAL 08>に出演し朝のホワイトステージで轟音をぶちかまし、洋楽ファンの度肝を抜いて評判となった。3人とは思えないほど重厚なサウンドの美しさはもちろんだが、ハイトーンでシャウトする男女の掛け合いも実にスリリング。パンク、プログレ、ハードコア、ミクスチャーなど様々なスタイルを混合し轟音として吐き出す激しさは、爆音好きの老若男女に広く愛されている。凛として時雨 オフィシャルHP(アーティスト)
凛として時雨 オフィシャルTwitter
凛として時雨 オフィシャルFacebook
凛として時雨 オフィシャルYouTube
凛として時雨 オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着