【SPECIAL OTHERS】『日本武道館ワン
マンライブ〜SPE SUMMIT2013〜』201
3年6月29日 at 日本武道館

撮影:KAZUHARU IGARASHI/取材:田中 大

 日本武道館で単独公演を行なうジャムバンドは史上初。そんな未曾有のステージを体感するために集まった観客は、スタート前からいつにも増して興奮気味。1曲目「NGORO NGORO」の演奏が始まると、瞬く間に歓声をあげて身体を揺らし始めた。
 前半の1st SETはMCを挟むことなく、ひたすら演奏が続いた。起伏に富んだ展開で魅了した「STAR」、温かいメロディーで人々を包んだ新曲「neon」…などなど、曲が披露されるごとに場内の熱気は高まっていく。前半が「Uncle John」で締め括られた時、観客の間から割れんばかりの拍手が起った。
 後半の2nd SETは、「PB」からスタート。「Good morning」や「Laurentech」など、強力なナンバーを連発。アコースティックアレンジの「CP」など、リラックスしたムードの演奏も印象的だった。「AIMS」の後、“ライヴハウス、武道館へようこそ!”という有名なフレーズを叫んだ宮原 "TOYIN" 良太(Dr)。“やっぱ言っちゃうよね(笑)”と芹澤 "REMI" 優真(Key)も心底嬉しそうな表情を浮かべていた。本編は「Wait for The Sun」で終了し、アンコールへ。柳下 "DAYO" 武史(Gu)が“自分のことだけど他人事みたい”という独特な表現で、この大舞台に立てた喜びを表現した後、演奏したのは「BEN」。ソロプレイなども交えつつ、壮大なクライマックスへと雪崩れ込むさまが圧倒的であった。ステージからの去り際、“またできるように頑張るので!”と言った又吉 "SEGUN" 優也(Ba)。すると観客から届けられた力強い拍手。またぜひ武道館で彼らの演奏を味わいたいと、あの場にいた全ての人が感じていたに違いない。
 なお、この日本武道館ワンマンの模様は、ライブ映像作品『Live at 日本武道館 130629 ~SPE SUMMIT 2013~DVD』とライブアルバム『Live at 日本武道館 130629 ~SPE SUMMIT 2013~CD』の2作品として10月9日(水)に同時発売されることが決定している。バンド初にして満員御礼となったこの武道館ワンマンライブが、開催から3ヶ月というスピードでパッケージ化。DVD&CD共に、記念すべきこのライブの模様が余すことなく収録される予定とのことなので、発売を心待ちにしよう!

セットリスト

  1. 【1st SET】
  2. NGORO NGORO
  3. Surdo
  4. STAR
  5. neon
  6. Khechi Khechi
  7. ROOT
  8. IDOL
  9. Uncle John
  10. 【2nd SET】
  11. PB
  12. Good morning
  13. Laurentech
  14. CP〜acoustic〜
  15. beautiful world
  16. AIMS
  17. Wait for The Sun
  18. <ENCORE>
  19. BEN
SPECIAL OTHERS プロフィール

宮原良太(dr)、又吉優也(b)、柳下武史(g)、芹澤優真(key)の4人からなる、横浜発のジャム・ロック・バンド。とはいえ、メンバー全員がG・ラヴ&スペシャル・ソースの音楽を嗜好しているだけあり、彼らを一定の音楽ジャンルに括るのは難しい。ジャズや(かつての)ロック、ファンクなどの黒人音楽がその素地にあるのは確かだが……。ただ、彼らは自由でピースフルでオーガニックなヴァイブスを紡ぐこと、そして、グッド・ミュージックを創作することを標榜しているのである。今後スペシャル・アザーズは、なにかデカイことをしでかしてくれそうだ。SPECAIL OTHERS Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着