【椎名慶治】『YOSHIHARU SHIINA LI
VE #3 Strip? or Stripper? -Typ
e S-』2013年4月17日 at 赤坂BLITZ

撮影:矢部志保/取材:えびさわなち

 タイトルに“Strip? or Stripper?”と付けられた椎名慶治のツアー最終日。“(タイトル通り)脱がしてみたり、脱がされてみたりして、心を裸にしたら、僕の中にはSURFACEがいるんですよね”と話した椎名は、アルバム『S』収録曲のみならず、SURFACEの曲も余すことなく聴かせる過去と今とのコラボライヴとなり、彼のファンを歓喜させた。もちろん椎名が自分自身見つめ、完成させた『S』の曲たちはSURFACEの“名曲”たちと並んでも、遜色のないポップ感を感じさせ、さらにSURFACEの曲の年を重ねたバージョンも聴かせるなど、まさに“今”の椎名慶治がそこにはいた。まもなくデビュー15周年を迎えるからこそできた過去と今の椎名慶治の共演の一夜は、ここからの彼の未来をも感じさせる夜だった。

セットリスト

  1. 僕等の中
  2. いざ尋常に
  3. Re:START
  4. call my name
  5. 愛のせいじゃない 愛は関係ない
  6. I still...-アイシテル-
  7. ボクハミタサレル
  8. FLY HIGH
  9. でてくるなよ
  10. きっと
  11. ハニカムハニ
  12. RABBIT-MAN
  13. .5(HALF)
  14. そっちじゃない
  15. WAIT!
  16. 遮ニ無ニ
  17. フラット♭
  18. <ENCORE>
  19. ヤワじゃないだろう
  20. まだイケるぜ
  21. 情熱マイソウル
  22. お節介焼きの天使と悪魔と僕
  23. なにしてんの
  24. <ENCORE2>
  25. いざ尋常に
  26. RABBIT-MAN
椎名慶治 プロフィール

シイナヨシハル:1998年、SURFACEのヴォーカリストとしてシングル「それじゃあバイバイ」でメジャーデビュー。10年6月にSURFACEが解散するが、同年11月にミニアルバム『I』でソロデビュー。ソロ活動と平行して結成したAstronauts(May’n&椎名慶治)では『仮面ライダー フォーゼ』のエンディングテーマを歌い、さらにタッキー&翼への作詞提供など、活動の幅は多岐にわたる。現在、高橋まこと(ex:BOØWY)率いるJET SET BOYSのヴォーカルとしても活動中。2018年5月27日にアーティスト活動20周年を迎える。椎名慶治 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」