【Cyntia】『1st Anniversary ワンマ
ンライヴ「Re:Alive」』2013年4月5日
at Shibuya O-WEST

撮影:楢崎真也/取材:土内 昇

 結成1周年記念だけでなく、現メンバーとなって初のワンマンであり、メジャー進出後初ワンマン…と、いろいろな意味があったライヴ。その感慨深さにメンバーが涙するシーンもあったが、ステージを観ていて思ったのは、バンドとファンとが一緒になってライヴを作り上げているということ。愛らしいルックスとは裏腹にハードなサウンドで攻め立てる“噂のツンデレメタル”で会場をヒートアップさせつつも、フロアでは時にサイリュームが振られ、タオルが一斉に旋回するなど、オーディエンス参加型のアクトが繰り広げられていた。キメもタメもあるアレンジはドラマチックで聴き応えがあり、華麗なテクが光るプレイも見逃せないのだが、会場中に笑顔があふれていたことが何よりも印象深い。そういう意味では、“祝”という意識が強いが、このライヴを成功させたことで、“次”が開かれたと言える。

セットリスト

  1. 深愛エゴイズム
  2. 黎明
  3. I Will
  4. Meteor Calling
  5. Fly away
  6. Raison d'etre
  7. 睡蓮と蝶
  8. Jewel Stars
  9. Through the Fire and the Desire
  10. <ENCORE1>
  11. Wish
  12. Lady Made
  13. <ENCORE2>
  14. Run to the Future
CYNTIA プロフィール

シンティア:2011年に結成。12年4月、シングル「Run To The Future」でデビュー。同年9月に1stフルアルバム『Endless World』をリリース。13年1月に東京ドームで開催されたKARAのコンサートにてバックバンドを務めるなど、サポートミュージシャンとしてのキャリアに裏打ちされたテクニックと、ハードながらポップネスも感じさせる楽曲で注目を集める。同年3月、2ndアルバム『Lady Made』でメジャーデビュー。CYNTIA オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』