【DIV】『DIV初ワンマン@Shibuya O
-WEST即完記念&「TASTE OF LIFE」発
売記念 【DIV春の大感謝祭~いつやる
の?今でしょ!~】』2013年3月20日
at shibuya duo MUSIC EXCHANGE

撮影:江隈麗志/取材:ジャガー

 最新シングル「TASTE OF LIFE」の発売記念に加え、5月6日に控える初ワンマンライヴがチケット販売開始3分で完売するという異例の事態に急遽開催された感謝祭。前半戦はファンの質問にメンバーが応えていくトークセッション。舞台下手側からちょび(Ba)、CHISA(Vo)、satoshi(Dr)、将吾(Gu)の順で着席し、“PV撮影での恥ずかしい出来事は?”“印象深かった卒業式の思い出は?”などファンから届いた質問に答えていく。“メンバー内で結婚相手に選ぶなら誰?”と変化球的な質問にも、メンバーそれぞれの恋愛観を交えつつ真剣に相手を選び、DIV内での関係性を知ることができる新鮮な機会だった。
 続いて、発売前の「TASTE OF LIFE」のPVを初フル尺公開。彼ら曰く“ボツだと思っていたら使われていて、とても恥ずかしい”というラストシーンはぜひその目で観ていただきたい(笑)。
 ここでお待ちかねのミニライヴ。抜けの良い快活な音色を響かせる「TASTE OF LIFE」で観客を笑顔にしたかと思えば、「R×R」では強靭なバンドサウンドを鳴らす。雄大さを感じさせる「青空にパラシュート」では繊細に紡がれるCHISAの歌声が印象深く、中毒性の高い「新世界の黙示録」のおどろおどろしい雰囲気に引き込まれ…作曲者の個性が顕著に表れた新曲全4曲が惜しげもなく披露された。そして、ライヴも残りわずかとなったところで、ひと足先に夏気分を堪能できる「夏の行方」を投下。タオルを振り回しながら、フロアは大きく揺れ動き、その勢いのままに“遊ぼうぜ、ここまで来い!”の挑発からのラストナンバー「毒彩ギーク」へ。ワンマンライヴの前哨戦として、確かな手応えを感じさせる一夜となった。

セットリスト

  1. TASTE OF LIFE
  2. R×R
  3. 青空にパラシュート
  4. 新世界の黙示録
  5. 夏の行方
  6. LOVE IS DEAD
  7. ANSWER
  8. 毒彩ギーク
DIV プロフィール

将吾とちょびを中心に結成。後にCHISAとsatoshiが加わり、活動を本格化させる。2012年4月に1stミニアルバム『無題のドキュメント』をリリース。5/06(月)には、結成わずか1年足らずで初ワンマンライヴを東京・Shibuya O-WESTにて開催予定! DIV オフィシャルHP
DIV オフィシャルTwitter
DIV オフィシャルFacebook
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着