【光岡昌美】『5th Anniversary LIV
E2013』2013年2月16日 at Shibuya O
-WEST

撮影:渡邊弘範/取材:ジャガー

 ピンクのショート丈ワンピースに身を包み、リラックスした面持ちでステージに上がった光岡昌美。アーティスト活動5周年にしての初ワンマンは、彼女たっての希望でアコギとキーボードを交えたアコースティックスタイル。救いようのない絶望や胸を締め付けられる切なさ、かすかな未来を信じて歩んでいく力強さや人を愛する優しい気持ち…一曲一曲に詰め込まれた嘘偽りのない想いがダイレクトに伝わってくる。本編も終盤に差し掛かると「last cross」「Hana」「FREE BIRD」で観客全員がスタンディングでクラップを交えながらの高揚ぶり。そして、アンコールでは新曲「虹色の花」を虹色に輝くライトが照らす中、ひとりひとりをまっすぐに見据えて“可能性は誰にだって同じようにある”と今一番に届けたいメッセージを歌い上げていた。

セットリスト

  1. Distance Love
  2. 傷跡
  3. 届かない想い...〜ロードanother story~
  4. garden
  5. monologue letter
  6. Private moon
  7. REFIND
  8. Wishing road
  9. はじまりの日
  10. 永遠
  11. 赤い糸
  12. last cross
  13. Hana
  14. FREE BIRD
  15. <ENCORE>
  16. Rainbow
  17. 虹色の花
光岡昌美 プロフィール

ミツオカマサミ:2007年にシングル「Hana」でデビュー。透き通った優しい歌声と同世代が抱える心の葛藤をリアルに描いた歌詞が反響を呼んだ。アーティストとしての可能性を見出すべく、光岡名義での活動を一時休止したものの、11年にアルバム『PAST TRUNK』で活動を再開させた。 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着