【Ken Yokoyama】『Ken Yokoyama “
Best Wishes Tour Final”』2013年2
月7日 at Zepp Tokyo

撮影:Teppei Kishida/取材:荒金良介

 今年もまだ2月だが、私的・年間ベスト3に入るほど凄まじいショウだった! Ken Yokoyamaの5thアルバム『Best Wishes』レコ発ファイナルは、立錐の余地なき満員状態である。オープニングはKEN BANDのJun Gray(Ba)がBAD MESSIAHというバンドでともに活動していたTAISEI(Vo)率いるSAが務め、男気漲るパンクロックを叩き付けた。40分ほど転換時間が空き、Ken(Vo&Gu)が“WE ARE FUCKIN’ONE”と書かれた日本の旗を持って現れ、その文字タイトルを冠した新作の1曲目で火蓋を切った。それから「You and I, Against The World」「Soul Survivors」を含む全12曲がノンストップで駆け抜ける。一枚岩で攻めてくる怒涛の勢いはまるでハードコアバンドであり、重戦車のごときグルーブ感に体の震えが止まらない。しかも、Kenは演奏中に観客に向かって、何度もマイクを放り投げる(マイク投げ9回、手渡し1回)。一緒に歌ってほしい、お前たちの声を聞かせてくれ…いや、言いたいことがあるなら主張しろ!と聴く者を焚き付けるメッセージにも受け取れた。Matsuura(Dr)のヌードショウなど、クダけた場面がなかったわけではないが、全体のトーンはKEN BAND史上最高にシリアスなものだった。個人的なハイライトは中盤に披露された「This Is Your Land」で、Kenは“オレは日本が大好きだ!”と告白し、会場には日本の旗が無数に舞う。その光景を見て、心から美しいと感じた。この夜、Ken Yokoyamaという男の魂に初めて触れた気がして、興奮状態はずっと収まらなかった。 

セットリスト

  1. セットリストの公表を控えさせていただきます。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着