【摩天楼オペラ】『GLORIA TOUR -sc
ene II-』2013年1月27日 at Shibuya
O-EAST

撮影:洲脇理恵(MAXPHOTO)/取材:土内 昇

 “喝采と激情のグロリア”をテーマに掲げてのツアー第二章。“栄光”を掲げた第一章に対して、そこに向かうまでの努力を描いたステージが展開された。オープニングのニューシングル「Innovational Symphonia」を筆頭に、のっけから疾走感あふれるスリリングなナンバーやヘドバンの嵐を引き起こすアグレッシブな楽曲が矢継ぎ早に繰り出されるさまは、まさに“激情”! 激しさの中に陰を表現しつつも、その先には光を感じさせる。また、シンフォニックなメタルサウンドで会場を沸かせる一方で、合唱などの新たなアプローチがバンドにさらなる色を与えていたのも聴きどころだ。このコンセプチュアルなテーマの全貌は、3月6日に控えているアルバム『喝采と激情のグロリア』、そして6月8日のZepp Tokyoで明らかになるとのこと。そこでどんな世界を魅せてくれるのか? 今から興味津々だ。

セットリスト

  1. Innovational Symphonia
  2. 落とし穴の底はこんな世界
  3. INDEPENDENT
  4. Psychic Paradise
  5. Diorama Wonderland
  6. AGE
  7. あの日のままの世界線に向かって
  8. Freesia
  9. Dr.Solo
  10. IMPERIAL RIOT
  11. RISH!
  12. CAMEL
  13. 電脳パラノイア
  14. Adult Chidren
  15. ニューシネマパラダイス
  16. ANOMIE
  17. GLORIA
  18. <ENCORE>
  19. Faust
  20. 悲哀とメランコリー
  21. honey drop
摩天楼オペラ プロフィール

“摩天楼+オペラ=現代的なものと伝統美の融合”をコンセプトに2007年結成。重厚かつシンフォニックなサウンドとハイレベルな演奏でその名をシーンに広め、10年にアルバム『Abyss』でメジャーデビュー。ビジュアル系シーンで確固たる地位を獲得し、18 年に JaY(Gu)が、19年には響(Dr)をメンバーに迎え、現在の5人編成となる。摩天楼オペラ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着